近況

venerdi 1 aprile


新年度がスタートしましたね。

3月は震災後、毎日が非日常的で落ち着かない日々でした。

でも、ウィークリータキソールが終了し、副作用は徐々に抜けているように

思います。

肩と膝と足首は相変わらずポキポキとなるけれど、痛みはなくなりました。

なんといってもだるさが取れて、朝はさっと起き上れます。

後半戦は、ダルダルで集中力欠如になって、自分が何もできないダメダメ人間に

思えて辛かったのがうそのよう。

あとは指先のしびれと痛みが取れれば問題なしです。

おっと、違いました。

そして髪が生えれば問題なし、でした。




地震酔いの方も、パソコンや新聞、読書を控えて動いていたら、改善してきました。

外へ出て気分転換を図るのもよいそうなので、今週はウォーキングや映画にも

行きました。

「ツーリスト」を観てきました。

アンジーとジョニー・デップの二大豪華スター共演なれど、アクションを期待した方は

失望するかもしれません。

でも肩の力を抜いて軽~く観れる作品でした。

美しいヴェネツィアやアンジー鑑賞が、被災の惨状映像を見た衝撃を

和らげてくれました(現実逃避かな?)




ウォーキングで出かけた先の一つが市立図書館。

なんと、地震により、施設に被害を受けてしまったのです。

書架のある1階は天井の梁にヒビが入り、天井が下がってしまった箇所があり、

床面も数か所隆起し、書架が斜めになってしまったそうです。

2階の壁にはX字の亀裂が入り、地下書庫ではスチール書架のほとんどが倒壊、

資料散乱の有様だったとか。

20日から正面玄関部分で返却、新聞・一部週刊誌の閲覧という限られた業務での

開館となっています。

子どもの頃から慣れ親しんだ図書館。

市内商業地域には、憩いの空間がある新しい図書館が2つありますが、

ウォーキングにちょうど良い距離にある図書館が使えないというのは痛手。




それにしても、地震発生当日に図書館に行っていなくてよかった~。

36年ほど前の建物だとはいえ、床面の隆起って…

市内では建物が一部損壊(壁の亀裂)した施設が61あるという。

公共の建物って、一般家庭より安全かと思っていましたよ。



e0205425_17515457.jpg

4パックで500円のいちごを見つけてしまい、触手が動きました。

部屋いっぱい、甘い香りが立ち込めてます。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-04-01 18:01 | 日常