タグ:治療 ( 3 ) タグの人気記事

漢方薬飲んでます

giovedi 16 dicembre


再び、漢方薬を飲み始めました。

乳がんになる前から、消化能力の低下や冷えの体質改善のために

漢方治療をしていました。

乳がん疑い濃厚で2、3日眠りが浅くなったときにそのクリニックで睡眠導入剤を

処方され、その時から漢方薬はお休みしていました。

先日の子宮がん検診等で受診した時に、尿に雑菌が出てしまっていることから

免疫力の低下を心配した先生に服用を勧められたんですが、

乳がんの主治医に黙ってというのもためらわれて。

13日のタキソール3回目の日に主治医に言ってみたところ、

「歓迎です。」

とあっさり肯定。

「匂いや味が飲みにくいといって止めちゃう人が多くてね、だから出さないでいたの。」

という話でした。

良かった~。

コソコソ飲むのは嫌だったし、効き目もなくなってしまいそうでしょ。

e0205425_14542594.jpg

今回のものは、ツムラ 十全大補湯 ジュウゼンタイホトウ

病後の体力低下、食欲不振、手足の冷え、貧血などの症状を改善します、とあります。

以前飲んでいた、補中益気湯も病後の体力増強に良いらしいのですが、さらに

今のわたしには適しているらしいです。

効き目を信じて、しばらく飲み続けま~す。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-16 15:16 | わたしのカルテ

タキソール1回目

venerdi 3 dicemmbre


タキソールの初回投与は無事終わりました。

点滴前に2日間、家事を忘れてのんびり休養できたと思えば、

4泊5日になってしまった入院も、まあ良しということになるのでしょう。



◆11月26日 入院日

9:50 入院前に外来で採血。

10:30 病棟受付で身長体重測定。

その後病室で看護師さんによる問診。

昼食後、薬剤師さんによる採血結果と治療薬の説明。

白血球が1600と低いので、白血球を上げる注射が必要だろうということ。

夕食後、先ほどまでわたしの主治医と一緒にオペをしていたという

次席?のドクターが来室。

翌日、翌々日と注射して化学療法に臨みましょうという説明をいただく。

入浴して21:30就寝



◆入院2日目

6:00 起床

9:30 「グラン」注射

13:30 看護師による「心の相談」

      後はまったくのヒマな時間。

入浴して21:30就寝




◆入院3日目

6:00 起床

8:30 「グラン」注射

     前日と同じく、新聞、文庫本(ミステリー)読書に勤しむけれど

     時間をもてあまし気味。

     両親、叔母、夫の面会に救われる。

入浴して21:30就寝。



◆入院4日目

6:00起床

8:30 針刺しのドクター(担当医)が来室、血管確保。

10:00 吐き気止め、抗アレルギー薬を点滴して、その後15分休薬の

      生理食塩水。

      タキソールを1時間点滴して、最後に残りの生理食塩水を流して終了。

12:00 同室のみなさんと一緒においしく昼食。

13:50 看護師による退院指導。

15:30 薬剤師、様態確認に来室。

17:00 時間つぶしと自身で体調確認のためもあって、他病棟(新棟)探検へ!

18:00 夕食

入浴して21:30就寝。




◆入院5日目

6:00 起床

7:15頃、朝食中に担当医が回診。

9:30 次回の予約票&処方薬(白血球を上げるロイコン錠とセファランチン錠)を
     
     受け取る。



そうして元気に退院してまいりました。

ちなみに、白血球の数値を上げる注射、「グラン」は皮下注射で、とても痛いと

どなたかが書いていらしたけれど、たいして痛くありませんでした。

ラッキーっと思ったのですが、ところがどっこい、副作用は苦しかったです。

「その注射は骨髄の働きがよくなるため、腰骨がぎゅーっとなって(と、

ここで手のひらを演歌歌手のこぶしのように握りしめるカワイイ薬剤師さん053.gif

腰痛が起こる場合があります。」

と説明されてはいましたが、胴回りを締め付けられてヒィヒィ圧迫死する夢を

見たくらい、深夜には痛みがありました。

2度目の接種の晩は、ピキっと痛みが走り、腰をまっすぐにして歩くことが

できなかったし。

それでもタキソールそのものは、酔っ払い感覚でぽわーんとはしましたが、

その後も辛いと思うものは何もありませんでした。

退院の翌日までは。

続く・・・。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-03 21:53 | わたしのカルテ

胸が痛い

mercoledi 17 novembre


昨日の朝はこの冬一番の寒さということでしたが、Vita地方も本当に寒かったです。

昼間は家に一人きりなので余計に寒く感じるのかもしれません。

昨日は、この冬初めてガスファンヒーター(&加湿器。忘れちゃならない!)を

点けました。


その寒さのせいか、手術した左胸の中が痛かったのです。

乳腺?

腫瘍を取り除いた部分?

わたしの左胸の中には、人工繊維のメッシュが入っているので、余計な不安が

よぎります。

今更不適合なんて、感染症なんてありえないわよね?

と思いつつ・・・気分は沈む、のです。

今日になって痛みはないし、外見上も何ら変わりはないのでちょっと安心。


現在のところ、主治医は同じでも「欠損部充填術法」を受けた人を見つけられないので、

体験を伺えないのが心細いです。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-11-17 14:30 | わたしのカルテ