タグ:放射線治療 ( 6 ) タグの人気記事

新生~放射線終了1か月~

martedi 21 giugno



e0205425_17345136.jpg

              雨上がり。 球根11年生。



気がついたら、放射線治療を終了して、1か月経とうとしていました。





2日前の6月19日、乳頭部分のどす黒い皮がぴろんと剥けました。

その下にはピンクがかった新しい皮膚。





一部分、消毒用アルコールを使っても、クリームを使っても、

どうしても取れなかったマーカーが、最近やっと消えたところです。

しかし肌は今もいびつな五角形に色づいています。





時々、ブラキャミの裏カップの部分に粉が付いていたので、

皮はこすれて多少剥け続けていたかもしれません。

お肌の状態…。

結果から言えば、

1度も冷やすことはなかったし、軟膏などの処方もありませんでした。

意外にも鈍感でした(笑)

毎日お風呂でも気にせず湯船に浸かってました。

(半身浴がメインでしたが、アンダーバストぐらいまで、湯がありました)

途中GWを挟んだので、週5日のはずが週4日

(休日でも、放射線治療棟のみオープン)というのが2週続き、

そのため肌も休養できたってこと?





だから、書くほどのことではないのですが、自分の覚書も兼ねて…


◆お肌の様子◆
 
 ・5回目終了~
  
 乳輪・乳頭の周りが、輪郭を描いたように黒くなっており、
 
 乳房も縮んだ気がした。

 触ると若干固い。
 

 ・8回目頃~
 
 左胸全体がうっすら黒い


 ・13回目終了~
 
 ちくちくヒリヒリ痛んだが、3連休が終わって感じなくなった


 ・20回目終了~

 いつのまにか、かなり色黒。後半戦、照射焼けは加速する?


 ・全25回で終了、10日目頃

 照射部分が痒いけれど、受診するほどではない。


 ・終了して18日目頃
 
 わきの下に4センチくらいの黒い線が2本あると思ったら、

 皮が剥けてよれていたものでした。



◆着衣(下着&服装)◆

ずっとユニクロのブラトップを着用して通いました。

友人が用意してくれたfukusuke は使わずじまい。

終了して3週間目ぐらいからは、時々ワイヤーなしのブラを

使っています。

もっと早くからでも大丈夫だったように思います。

通院中は、お肌うんぬんより、

更衣室でいかに早くラクに着替えられるかを考えて

服を選んでいました。

長袖Tシャツでも襟ぐりが大きく開いていれば(マーキングは控えめだった)、

ウィッグがずれることなく脱ぎ着出来、

(更衣室では鍵を掛けて一人きりなので、ずれても平気だけど)

前ボタンのあるブラウスやシャツより支度が早いので愛用しました。



◆体調など◆

10回終了頃からなんとなくだるくなりました。

さほど強くは感じられず、昼過ぎからの通院だったので、

昼食後の眠気覚ましに毎日出かけていたような…。




◎放射線治療医療費◎

・印付けのCT 3,930円

・位置決め+照射(初回) 5,330円

・照射 4,470円×21回

・照射+ズレ確認のためのX線撮影 5,100円×3回

計 118,430円    でした。




印付けや位置決めの医療費が病友さんよりかな~り安いので、

会計間違いと思っているのですが、未だに連絡ないです(嬉)。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-06-21 17:49 | わたしのカルテ

放射線終了~♪

mercoledi 18 maggio



e0205425_2241382.jpg

              花束もらいました





放射線治療25回が終わりました (*^_^*)

うれしくて、気もそぞろ。

買い物に行ってもなかなか夕食のメニューが決められませんでした。




抗がん剤の点滴最終日もうれしかったけれど、計画停電の初日だったため

そして余震が怖いのとで気持ちは散ってしまっていました。

今日、本当に終わったんだと実感です。

もちろん地味な治療は続いていますが…。





治療の区切りごとに顔を出していたリハビリセンターにも行って、

大好きな作業療法士さんにご挨拶してきました。

眉毛、まつげが復活してきているので、気後れせずに会えました。

お気に入りの服も着ていったという気持ちの入れようです(笑)。





病院に皆勤賞目指して行くというのはたいへんでしたが、

同じ治療を受けている方と短い時間でもおしゃべりすることができ、

一種の気晴らしにもなりました。

もう明日は会えないのかと思うとちょっと寂しいです。




これからは楽しい予定を入れて、その日のために毎日がんばろ~!!
[PR]

by Luna-Vita | 2011-05-18 22:56

医学教育

venerdi 13 maggio



放射線20回目のおととい、長椅子で順番を待っていると、

技師さんと色違いの制服を着た学生が7~8人、

ライナック操作室に入っていきました。

見学なのねと思ったとたん、ひらめいた。

もしかして、実習?




わたしの名が呼ばれ、ドアを抜けるといつもの技師さんが近づいてきて

「今日は学生が来ています。入室してもいいでしょうか。

嫌だったら断ってもいいんですよ」

と、おっしゃる。




医学教育のためだと思って了承しました。

いちおう「仕方ないわね」という顔をして。




もう16,7年前になりますが、知人が妊婦健診でこの病院に通っていたとき、

学生が数人診察室にいたことがあり、知人に承諾を取り付けることもなかった話を

聞いたことがありました。

友人はあっけらかんと「内診もみせちゃったわよ」と言っていましたが。

だから、この病院へ紹介状が出た時に「覚悟」していたかもしれません。




昔は、大学病院なのだから、学生がいて当たり前のスタンスだったように思います。

今は「医療サービス」という言葉が定着して、配慮のある医療行為を受けられるように

なったのね。




手術の時、たくさん署名した同意書の中に

「病理診断のために採取された組織の寄贈と二次使用について」

というのがありました。

採取された乳房やリンパ節の組織を、教育、研究、遺伝子解析研究のために提供

することを同意するものでした。

なかには同意しない患者さんもいると聞きましたが、次の世代の医療がより良くなって

いくことを願って応諾しました。





ライナックへの入室学生は一人だけで、それもわたしの視界に入らない所にひっそりと

いただけ。

よかった~。

それでも、人様のお役にたったという気分はいただいておく。

患者の心に寄り添う優秀な技師になってくれなきゃただじゃおかないよ

という気持ちとともに。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-05-13 18:03 | わたしのカルテ

ブラ難民

venerdi 6 maggio


病友さんが言っていたのです。

「放射線終了後、傷の所が痛くて、ブラ難民なんです。

最近落ちついたのがコレ」

そう言って教えてくれたのが、Fukusuke カップ付きキャミソール。

e0205425_1793667.jpg


おまけにわたしが放射線治療も中盤なので、そろそろお肌に優しいものをと

気遣ってくれて、ご主人の分子標的薬の点滴治療で付き添い来院した時に、

わたしの分までFukusuke Outletで買ってきてくれました。

定価1,575円のところ、2点で1,050円!!

やわらかく光沢のあるスーピマ綿でMAID IN JAPAN。

カップ取り外し可能です。




ユニクロのブラキャミはゴムの締め付けが痛いらしいのです。

わたしは今のところ大丈夫なので、最後までこれでいけるかなと

思っていたのですが、病友さんの厚意に感謝して、1枚譲っていただきました。

とっても柔らかいです。

汗ばむ夏にも良さそう。




それにしても、彼女は放射線も終わって2カ月は経っているはず。

放射線治療って、傷の痛みも増幅させるのかしら~?

わたしは最近胸の奥が痛みます。




そして、ブラジャーに戻る日はいつなのかな。

以前、ワイヤー入りを着用したことは書きましたが、発疹のおかげで

ワイヤーなしに戻ってしまいました。

知人が扱っているシャルレはノンワイヤーでも補正力があるらしいので、

こちらのものを愛用しています。

背中の肉も寄せ集めてくれるってお話。

シャルレは、豊乳な方が使うイメージがありますが、わたしのサイズもあるのです。

補正が必要なのは胸だけではないけど~。




でも、先日、先輩ブロガーさんから良いこと聞いちゃいました。

術側だけワイヤーを抜いて着けるといいって。

その手があったか~。

今あるものも、タンスの肥やしにならなくて済みますね。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-05-06 17:13 | 日常

照射スタート

venedi 22 aprile



気がつけば、もう放射線9回目の通院。

慣れて日常の一コマになってきました。




4月12日(火) 初回照射の回想です。

1回目は時間がかかるので、と、その日の一番最後の予約15:30を

指定されました。

前回準備の日に付けられた印で照射の位置決めというのですが、

何をされているのかよくわからない。

ライナックの台に横たわった後、技師さんが体の下にあるシーツ?を

ずずずっとひっぱり、体の位置を微調整します。

何と何を合わせているのか…

まな板の上の鯉。

マジックでさらに印付け。

「位置の確認のため、写真撮りますね」

と言われ、先日のデジカメ撮影を思い出して、裸の胸を撮られるのと思ったら、

レントゲン写真のことでした(苦笑)

そのあと、左乳房全体と腋窩に照射を右前(右上)から45秒、

左後ろ(左下)から45秒します。

e0205425_18302952.jpg

          足の方から見た断面




こんなふうに、正面からではないことによって、肺や心臓に当たらないのですね。

感心ひとしきり。

トータル約30分で終了。
 
更衣室で鏡を見たら、前回なかった赤い色の線が増えてました。

そして胸の谷間の十字架はきれいに消えてます。

お絵描きは増えても、キャミソール着用ではみ出さない程度。

襟ぐりの広い服でも大丈夫~。





医療費、X線撮影と照射で 5,330円でした。

病友Rちゃんがわたしを待っていてくれたのですが、医療費が安すぎると言いました。

初回の日は19,000円ほどだったと。

みなさんのブログを拝見しても、1回目もしくは準備の印付けの日は

1万円を超えていらっしゃいますね。

あとで経理から請求されても嫌よ~。

今まで、検査の時の追加請求の電話が2回来ているのですよ。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-04-22 18:12 | わたしのカルテ

放射線科受診

giovedi 14 aprile


e0205425_1759329.jpg

              メンバーズカード(勝手に命名)




4月8日(金)

初めての放射線科。

初診はCTで照射準備の印付けと電話で聞かされていました。

始めに問診票記入。

病歴も記入なので、手術や入院、持病ととっさに当時の年齢を思い出せなくて

あせりました。

記入をあらかじめ知っていたら、メモを持ってきたのに…。

院内ネットワークでカルテのpdfを参照できるのに、問診票は取り込んでないのかな~

などと思いつつ記入。

同じ病院、同じ病名で掛るのでも、受診科が異なれば一から始まるのですね。




診察では、担当医ともう一人の女性医師(新米さん)の紹介がありました。

問診票に沿ってのやり取りと、触診。

最後に放射線治療の説明。




診察室を出て、廊下奥の放射線治療室へ向かいます。

ここからは人の出入りもまばら。

特別な人になった気がします。

VIPではなくて、重篤という意味の。

早速技師さんから、顔を覚えたいので写真を撮らせてくださいと言われ、

デジカメで撮っていただきました。

造影剤を使わないでCTを取り、技師さん二人ががりで油性マジックで印付け。

消えないように上からシールを張って終わり。

よくわからないうちに終わってしまった感じです。

更衣室で見たら、黒マジックで十字が大小5か所くらい。

胸の谷間に一番大きい十字架でした。




CT台に横になると、腰のあたりがゴリゴリするのですが、クッション(あとで見たら枕)を

入れていただき、ふくらはぎの下あたりにもう一つ置いてくださり、

「今後も準備しておくよう書いておきますね」

と技師さんの対応はとっても優しい。

「この分なら、友達になれるかも」と安堵。

メンバーズカードももらったし。




二つ折りを開くと…
e0205425_1759088.jpg


照射日にハンコを押してくれるんですって。

夏休みのラジオ体操みたい。

右下には、撮ったばかりの写真。

プリクラ(^◇^)




放射線科の都合で、12日火曜日から治療計画を立てて照射、になりました。

その前に、11日月曜の外科診察。

ホルモン療法も始まりました。




放射線科初診医療費、3,930円でした。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-04-14 18:24 | わたしのカルテ