タグ:乳がん ( 9 ) タグの人気記事

再建、遊離皮弁移植

venerdi 18 maggio



以前の記事でご紹介した、先輩病友Wさんの乳房再建のことです。

4月の中旬に入院され、翌日手術。
mixの日記を1日2~3回は更新する方なので、入院後もつぶやいて
いらっしゃったのですが、
術後3日目に緊急オペ!!の文字。
胸の出血が多くて輸血したけれど、
一度胸を開けて止血、となったのでした。

その後、ずっとつぶやきもなくて、それはそれは心配になりました。
経過を知っているかもしれない他の病友さんに尋ねるのも怖くて・・・。
緊急オペの10日後にやっと
「再再手術のあと意識をなくしICUからやっと病棟にうつりました 」
のつぶやきを発見し、大変なことながらひとまず安堵しました。

現在は個室管理から大部屋に移られ、ずいぶんと動けるようになったご様子。


乳房再建は、穿通枝皮弁という遊離皮弁移植で、
わたし達の病院では三人目だそうです。

Wさんの配信文には、
同意書には「腹部の組織を血管ごと摘出し、血管を胸部の血管と吻合することで、
組織を胸部に移植します。
移植した組織で乳房を再建します」とあります。 
という説明でした。
お腹の皮膚と脂肪と血管で胸を作る再建術。
12時間以上かかるかもしれないという大手術なので、
「よくぞ踏み切った」と応援の気持があります。


けれども、みなさんのブログで再建の記事を読んだり、
オフ会で素敵な胸(見せてもらったわけではないが・・・)を再建した方と
お会いして、
乳房再建というものが身近に感じられていたこの頃、
ショックでした~。
手術は万が一ということもあるんだと。


大学病院の手術より、すべて自費診療のクリニックの方が、
体の負担が少ない、進歩した医術を使えることは、
以前調べた子宮内膜症の治療で感じていました。

でも、乳がん体験者コーディネーターのWさんが選択した手術なので、
乳がん患者おしゃべり会でも関心は高まっていたはず。
再建自体に躊躇する人が出てきそう。

Wさんが一日も早く、パワフルに活動できる体に戻りますように。




最近はホトフラ全開、夜中も遠慮なしなので、睡眠不足です。
先週はフラフラ。
ホルモン療法中の方が眠れないという話は良く聞くのですが、
寝付けないわけではなく、
夜明け前にホトフラで目覚めて、目が冴えるというパターン。
これも入眠剤のお世話が必要なんでしょうか・・・?
[PR]

by Luna-Vita | 2012-05-18 09:39 | 乳がん

1年前

sabato 9 luglio



去年の今日、左乳房温存術をして、1年無事に過ぎました。

この間、手術自体が何事もなく終了したことが、とてもありがたいことと

思える出会いがいくつかありました。





タキソール入院をしたときに同室だった方は、その時はEC中。

術後内出血がひどくなり、その晩10時に再手術。

帰宅していた家族も呼び出されてたいへんだったと伺いました。





5月にランチ会でご一緒した方は、3月11日の震災時に手術中。

あの揺れの中で手術は続行。

もちろん全身麻酔の本人は何も知らず。

術中待機のはずのご主人は、小学生の子供たちを案じて即行帰宅。

麻酔から覚めた彼女はひとりぼっちに「えっ?」

彼女は、ただ一人あの地震を知らないオンナと呼ばれています。





6月の飲み会で紹介された方は、術後傷口からの出血が止まらず、

退院しても出血し続け、傷口がパックリ開いてしまった。

その生々しい写真も見せていただきました。





話はそれますが、みなさん結構何でも写真に残しているんです。

手術で取り除いたがんとその周辺組織など。

タッパーに入っている写真でしたよ。





多少のトラブルはあっても、みなさん負けずに進んでいます。

手術に関しては、予定通り、つまりリンパへの転移がなければ

郭清しない、乳頭も残せますようにとの望みはありましたが、

手術そのものにはそれほど不安はありませんでした。

でも、稀に起こりうる危険性がすぐ近くにひそんでいることを知りました。

運・不運もありますが、多く行なわれている術式であっても

患者としても軽々しく臨んではいけない気がします。

尽力してくださった医療スタッフにも

改めて感謝の気持が湧きおこりました。





もう1年なのか、まだ1年なのか。

抗がん剤スタート時はとても長い治療だと思いましたが、

ホルモン療法の方がもっと先の長い治療ですね。





周囲の人に少なからず心配をかけてしまいましたが、

これからも、新しく出会った多くの病友さんと共に

そばにいて欲しいと思います。

それだけでうれしい。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-07-09 22:41 | 乳がん

試練?

mercoledi 6 luglio



給湯器のスイッチを入れてもいないのに、

蛇口からお湯が出てくるこの頃ですね。





おかげさまで、先週は放射線科診察、

そして一昨日4日は術後1年の検査を無事終えてきました。

悩んでいた放射線科触診時の診せ方は、

ブラウスとFUKUSUKEのブラキャミを「エイッ」とたくしあげました。

簡単で、一番速いものでした。





1年検査項目は、胸部CT撮影、マンモグラフィ、胸部単純撮影、超音波、

血液検査。

病院内をグルグル回って問題なく終わりました。

まとめて検査なんて、費用もさぞ掛るだろうと思っていましたが、

15,000円強で済みました。

先週の歯科検診で虫歯がみつかってしまい、保険外診療のインレーを

頼んでいるので、今月は医療費高騰!なんです。





問題があったのは、病院へ向かう途中。

車をぶつけてしまいました(涙)

前も書いたけど、新車なのに~。

今日、修理に出しています。

病院近くの県道で、車線変更の際、停車中の大型貨物車に

助手席側のドアミラーを引っかけました。

事故状況の詳細は省きますが、あとから考えて鳥肌立ちました。

大型貨物車に左右挟まれてのことなのですが、

突っ込まないで済み良かった~。

これからは、こちらが優先と思っても、

大型貨物車には十歩も百歩も譲るわ!

(それじゃいつまでたっても目的地に到着しないって)





判断に困ったのは、

無人だった停車中の貨物車が、

わたしの電話中(病院へ検査時間に遅れる連絡)にいなくなって

しまったこと。

たぶんあちらは無傷なので、何にも知らず行ってしまったものと

思われます。

ドアミラーをへしょげて、その貨物車の前にいたんだけど、

気づかなかった!?





その後どうするか散々悩みましたよ。

当てたのはわたしだけど、損壊はわたしの方(または大きい)。

いなくなってしまったのだから、仕方ないか。

結局病院へ向かいました。

ドアミラー、ひび割れて役立たないので走行が危ないし、

よくよく考えると違反。





病院で、最初の検査CTで、点滴準備の看護師さんに

話を聞いてもらいながら再び気を落ちつかせました。

わたし自身はピンピンしてますが、多少の動揺はあって、

造影剤で気持ち悪くなるのではないかと思いました。

実際は大丈夫でしたが。





自動車保険の事故報告や修理や搬送の手配も初めて着手。

事故日の月曜、翌日の火曜が長年おつきあいのあるディーラーさんの

定休日。

そんなこともあり、手間のかかる3日間でした。






ホルモン剤副作用の不眠、寝苦しさで睡眠不足なので、

胃腸をやられてしまい、シクシクお腹が痛みます。

時々うっすら気持ち悪いので、夏バテ状態です。

今週は全般的に不調だわ~。

昨年から大殺界なのが、頭をかすめましたぁ。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-07-06 19:17 | わたしのカルテ

ライブストロング

giovedi 30 giugno



病友Rちゃんが、mixiで知り合った同じ大学病院の乳がん患者さんと

オフ会をするということで、お誘いをいただきました。

わたしと同じ主治医の方が集まるので、何かと心強いだろうから、

という心遣い。



幹事さん宅の最寄り駅で、総勢8名の飲み会となりました。

主治医大好きな先輩方で、現在ホルモン療法中。

パワーをたくさんいただきました。

それと共に一人の先輩からいただいたのが、↓

e0205425_1322398.jpg
 
e0205425_13311588.jpg

ライブストロングリストバンド
Nike製
落ち着きのある黄色のシリコンゴム。
「LIVESTRONG(力強く生きよう)」と刻みこまれています。

 




その先輩さんは、mixiのコミュニティにおける

「Japan for LIVESTRONG」で副管理人となっているので、

管理人である市民グループ代表ビンジーさんから、

わたし達の分をいただいてくれたそうです。

市民グループの『Japan for LIBESTRONG』は

LIVESTRONG運動とプログラムをサポートし、

がん患者の支援をしている団体とのこと。

2011年現在、世界35カ国に257名のライブストロングリーダーがいて、

啓発活動を行なっている模様。





このリストバンドは、精巣がんと闘いながらも、

ツール・ド・フランスで7度の優勝を獲得したランス・アームストロングさん

(そういえば、がんサバイバーで、自転車競技者の本を

どこかで見かけたという記憶が…)のプロジェクトで、

その売り上げはがん患者の支援に充てられているとか。

ビンジーさんはタダでくれちゃったけれど、いいのかしら?

ささやかな協力の機会を逃してしまった模様です。



Japan for LIBESTRONG について、詳しくはコチラから。



幹事さんは、わたし達の通院する大学病院で月に1回のおしゃべり会を

開催しているCNJ認定「乳がん体験者コーディネーター」でした。

病院主催でも「がんサロン」が行なわれていますが、

おしゃべり会はもっとざっくばらんな会合だそうです。

ネットをしない高齢者の為にも開催を継続しているとか。

ご自身は乳房再建に着手しはじめたパワフルな方でした。




この方からは、お手製のバームクーヘンをいただきました。

暑い中、汗だくで巻き巻きしてくださったんだぁ、と感激。

(卵焼き用フライパンで作るみたいですね)
e0205425_13303495.jpg

抹茶味とコーヒー味。

バナナ味は既にわたしのお腹の中へ(^◇^)

美味しかった。




お会いした方々は、まさに"LIVE STRONG"そのもの。

わたしは手術以来治療に専念し、現在も在宅の日々ですが、

何の考えもなくぼんやりしていてはいけないと考えさせられました。





でも、体重が減少し、お腹に力が入らない~。

ホルモン剤のせいか、ここのところ夜中に目覚めてしまい、

睡眠不足です。

暑さにも早く慣れないと~。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-06-30 13:43 | 乳がん

受診のドレスコード

giovedi 23 giugno



来週、放射線科を受診するにあたって、わたしの頭を悩ませていることが・・・。

それは何を着て(着けて)行くかってこと。

放射線医の診察は必ず触診があるので、先生の前で椅子に座りながら

服を脱ぐ場面があります。

(主治医より、放射線担当医に胸を見せてることが多い気がします)

先月病友さんたちとのランチで、このシーンの事が話題になりました。

Uさんは、前ボタンのシャツかブラウスを脱いでから

ブラキャミ(FUKUSUKE)もがばっと脱ぐ。

健側の胸も診るのでね。

Sさんはまだタキソール中、放射線は検討の上。

わたしは、前ボタンのブラウスの片袖を脱いで、ブラキャミ(ユニクロ)の

肩ひもを下ろす。

(もう片方は袖を通したまま触診)

動作も交えたのがいけなかったのか、

「エロい~っ!」

と言われました。

え~っ?

もしかして逆セクハラ?

Rちゃんは笑っちゃって、自分がどうしているのか話してくれなかったけど、

みなさんはどうしているの?





前開きのブラは苦手なので1枚も持っていないのですが、

外科(乳腺)の診察のときから不都合はなかったのです。

放射線担当医は「上げるだけでいいですよ」とかなんとか、

簡単に、つまり手早くどうぞみたいなことを言っていたような気もします。

この日から、Uさんも「嫌がらせのオンナと思われたかも~」と

不安がっています。




どういうのが正しい胸の見せ方なの!?





ランチをしたのはコチラ

デンジャラス・ランチでした~。

Sさんはタキソール中、みんなも食事に気をつけているから、好きなものを

チョイスできるビュッフェ式のところにしたのです。

しかし、それが仇となり、Sさんは翌日の点滴前の診察時、3キロの体重増に。

浮腫みだ、利尿剤だと騒がれたそうです。

好きなものを好きなだけって危険、よ~くわかりました。

わたしも胃拡張になり、2、3日は空腹感いっぱいでした。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-06-23 07:34 | 乳がん

アピタル乳がん夜間学校

martedi 26 aprile



e0205425_20261524.jpg


病院の患者支援センターにリーフレットが置いてありました。


アピタル乳がん夜間学校

Ustreamによるインターネット生放送  ←すごい!

毎月第3水曜日の夜9時から、アピタルトップページが自動的に

動画画面に切り替わるようです。




1回目の放送4月20日って、もう始まっちゃってる~と残念に思ったけれど、

放送終了後、下記URLで録画ビデオを公開していました♪

http://www.cancernet.jp/bcnight/




司会進行はMAIKOさん。

思えば乳がんの疑惑に悩んでいたころ、テレビで彼女の乳がんを知り、

MAIKOさんのブログを通して皆様の乳がんブログの存在を知ったのだわ。




来年3月まで全12回の放送予定。

わたしの現在の治療、放射線やホルモン剤の科目もあるので興味深いです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-04-26 21:23

先に言われてしまったら

lunedi 28 marzo



ちょっと長くなります。


週末は、息子の少年野球時代のコーチ、保護者の方々と持ち寄り飲み会でした。

役員を一緒に務めたKさんが転居先の長野から所用で県内に来るので、当時の

父母会長だったMさん宅に集合。




お誘いがあった時、迷ったのが本音です。

Kさんとは6年ぶり、会いたいけれど大勢の酔っ払い相手に、わたしの闘病が

バレる事件が起きそうで。

ごく親しい友人には話していますが、それほどでもない関係の人にはわざわざ

話したくないものでしょう?

人の口には戸をたてられないと言いますから、どんな繋がりで拡がってしまうか

わからないですよね。




酔ったKさんご主人が、Y総監督(息子小6の時は低学年の監督)に

「Vitaちゃんの肩も揉んでやれ」

と言った時はひやっとしました。

Y総監督は、プロの整体師さん。

そりゃあ気持ちいいでしょうけど、頭上を見降ろされたらつむじでヅラを気づかれちゃう。

肩にかかる髪を一緒に揉まれたらずれるだろうし…。

Kさんの奥さんは気持ちよさげにやってもらってましたが、

わたしは必死に、でも表面はさりげなくお断り。

まったく、心配が現実になるところでしたよ。




その後は遅れてやってきたお母さん方と廊下でアラジンストーブを囲んでいたら、

息子が小1の時の監督、現在は顧問のYさんが通りかかったので、お母さんの一人が

ご挨拶をしたのです。

「今はお一人でいろいろとたいへんでしょう?」

そういえば、奥様が亡くなったと後になってから風の便りに聞いたなと思っていると

「3年半も闘病でたいへんだったからねぇ。

毎日抗がん剤になっちゃったし。

あなたたちも気をつけてね」

と言ってY顧問は去っていきました。

“抗がん剤”“あなたたちも”っていうことは女性特有のがん!?

さらに、「Tさんの奥さんも乳がんで亡くなっているんだよね」

と別のお母さんが言い出して。

Tさんとはウチの子が卒業して2、3年後の監督。

新たなメンバーが到着したので、その話はそれっきりになりましたが、

心に暗闇ができてしまいました。

だって、夫も監督だったんだもの、1年間だけですが。

監督夫人はがんになる!?




それで思い出したのが…。

退職した会社の職場に病名を明かさなかったのは、わたしの前任者が乳がんで

亡くなったということを偶然耳にしたのが理由の一つでした。

なんでも退職した後に罹患が発覚したらしいのですが、職場の先輩はその方と

わたしが一緒に働いていた期間があると思い、教えてくれたのです。

乳がんの確定診断が出たばかりの時で、正直聞きたくなかった話でした。

その晩は「負の連鎖」に思えて辛かったけれど、翌日にはそんな連鎖は

断ち切ってやると決意してましたけど。

それでも、同僚たちに心配をかけたくなくて手術するとまでしか明言

しませんでした。

あんなタイミングではさらっと言えなかった…。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-28 21:53 | 日常

蜂蜜~♪

venerdi 28 gennaio


e0205425_17253744.jpg

クレジットカードのポイントでもらっちゃいました(正確には夫が)

夫はポイント交換の景品や、カタログギフトのチョイスはたいてい食べ物です(笑)

食べてなくなるので、あんまり使わないものをもらって場所をとるよりいいけど。



精製しすぎたものは血液を汚すので体に良くないと「自然療法」の本にあり、

結婚してからずっと料理の甘味は粗製糖やてんさい糖を使っています。

そして乳がんになってからは蜂蜜も気になって・・・。

健康づくりっていう意味で。

以前ネットで検索したら、はちみつの効果については、

便秘や下痢の改善

リラックス効果

殺菌作用

貧血改善

疲労回復

胃の粘膜の強化

血液さらさら効果

皮膚細胞の活性化

発毛促進

口臭、虫歯予防

などの記載がありました。

発毛促進には反応してしまいましたわ!



ただし、これらの効能はどこまで科学的に検証されているのか疑問はあります。

白砂糖よりは良いってことで、料理に取り入れま~す。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-28 17:29

ワイヤー入り、つけてみました

mercoledi 12 gennaio


ワイヤー入り、といえば、

そうです、ブラのことです。

術後、退院してからはみなさんご愛用のユニクロブラカップ、またはイト―ヨーカド―や

ジャスコの類似品。

涼しくなってからは手持ちのスポーツ用ブラやワイヤーなしのものをとっかえひっかえ

着用していましたが、胸から脇の違和感も取れたことだし、もう大丈夫よねってことで、

以前のワイヤー入りを引っ張り出しました。

左胸、脇寄りにある傷跡とワイヤーがちょうど重なるんだけど。

大丈夫、痛くない。

やっぱりいいわ。

ワイヤーなしでは貧弱な胸がどこかへ行ってしまってましたから。



でも、昨日、おとといと入浴時に脱いでみると、アンダーバストに赤いブツブツが

あるではありませんか。

あせも?

ちょっと痒いです。

急にビシっとぴったりしたものを身につけちゃったので、肌が過剰反応したのでしょうか。

でも、ワイヤーなしに戻れないよ、差は歴然なんだもの。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-12 17:49 | 日常