タグ:ホルモン療法 ( 3 ) タグの人気記事

ロシアンルーレット

mercoledi 26 ottobre



おとといは、リュープリン4回目の日でした。
午前の最後枠に皮膚科の診察を入れて、帯状疱疹の薬をもらい、
午後に主治医の診察。



名前を呼ばれ診察室に入っていくと、
リュープリン(1本ずつの個箱)を10本ほど入れたトレイ(?)を持っている
主治医の立ち姿。

ドクター「どれにする~?1本だけ針が太いよ~」

挨拶もそこそこに、今日の運だめしかぁと思い、 

わたし「ロシアンルーレットですね。」
ドクター「そう。太いのは中国製なの」

やっぱりなんでも国産が精微なのね。





ドクター「で、お変わりないかな?」
わたし「大ありです、1か月前に帯状疱疹になってしまいました。」

すると主治医は「Vitaさんはさあ・・・」
と言いかけて口をつぐんでしまいました。




主治医の言いたいことはわかっているんです。
基礎体力がない。
でも、このドクターは決してマイナスのことは言わないの。
患者を心配性にしないとでもいうのか、
言葉の力を重視している気がします。
先に言っておいてくれれば慌てなかったのにと思うことも
たまにあるけど(爆)



たくさんの患者を相手にしているんだもの、
気を引き立てないと自分も参っちゃう?



「帯状疱疹が、背中の左から脇、(術側の)乳房と拡がったので
神経痛がもともとの脇に痛みと混在して辛いです」
と伝えたら、首の後ろ、耳下のリンパ節を触診。
乳腺外科的には心配いらないので、傷みが残るようなら
皮膚科から麻酔科を紹介してもらってもいいと言われました。




前回の皮膚科受診時から、麻酔科への紹介の話が出ています。
これ以上、病院に御厄介になりたくないんだけど。
温めると痛みが和らぐので、半身浴頑張ろっ!
ウォーキングも励もうっ!




そして、リュープリンの方は、2日後の今日も注射部位が腫れています。
痛くてジーンズが履けない。
接種時はいつもと変わりなかったけど、
当たりを引いてしまったのか・・・
[PR]

by Luna-Vita | 2011-10-26 12:06 | わたしのカルテ

プチ鬱

martedi 10 maggio



昨日は2回目のホルモン療法、薬の処方と注射の日。

今回から注射は12週間持続型の方になりました。

薬が多いためか、注射部位がだんだん痛み、今日は赤く腫れています。

腰で履くようなジーンズは、腫れた部位に重さを掛けていっそう痛みます。

ウェストがゴムのトレーニングウェアで過ごしています。

まれに膿瘍・潰瘍化する場合もあるそうなので、少し気になります。




初日4月11日から4週間の間に、ホルモン剤の副作用がしのび寄ってまいりました。

・関節痛
 
 タキソールの時から痛んだものの、増幅しました。

 睡眠中、寝返りで肩、肩甲骨周辺が痛み、目が覚めてしまいます。
 
 起床時も体中からポキポキ音がし、しばらくギクシャク動いています。
 
 膝が痛くて急なダッシュができず、歩行者信号が点滅したら横断をあきらめねば
 
 なりません。

・ホットフラッシュ
 
 背中辺りから、かぁ~と熱くなります。

・舌の側面奥側にしびれのような苦々しさがあり、口の中が不快。

・気持ちが沈みます。




この、気分がふさぎこむのには参りました。

初夏のような陽気となり、明るい陽光の中で家中の汚れが目に付くようになり、

室内が整っていないのがいっそう重い気分になりました。

家の中で失くしものをし、みつからない。

化学療法や放射線治療終了が目標となっていて、それがもうじき達成されるので

虚脱感?

抗がん剤中だから、と面倒くさいことから逃げていた、気持ちが乗る時だけ

家事をやるような、気ままな生活との惜別の情?

これからは半病人だからと言い訳して、好きなことだけをしているわけには

いかないから?




目に飛び込んだ、テレビ番組中の家計診断や収納術の特集で、

プロの達人と比較して、良妻賢母ではない自分を責めてみたり。

人生設計もできていない、ダメな人間と落ち込み、

感情がごちゃまぜになって悲しくなったり、焦燥感にとらわれもしました。

そうかと思うと、すべてのことに関心がなくなり、TVも新聞もPCもシャットアウトして

どんよりしていました。




GW前半の数日間、気持ちが病んでいましたが、やっと抜けだせました。

自分で立ち直るしかないのでね。

すべてを開運と結びつけて、とにかく動きます。

気のまわり、代謝を良くします。

不要なものは捨てます。

よい気を取り込まないとね。




でも、ホルモン剤は嫌だ!!




◆外科診察医療費

・リュープリン12週間持続型注射 24,576円

再診料、投薬料と合わせて24,990円でした。

◆院外処方

・ノルバデックス(90日分)、芍薬甘草湯、メチコバール、ユベラ(30日分) 12,660円



放射線治療もあるので、5人の諭吉様とお別れしてしまいました。

らいてうさんは来てくれましたが・・・。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-05-10 21:50 | わたしのカルテ

飲み忘れてないよね?

venerdi 15 aprile

e0205425_1733401.jpg

                 病院帰り道。花びらが舞い降りて・・・



ホルモン療法がスタートして5日目。

内服薬はノルバデックス10mg。

1日1回、朝食後に2錠。

診察日はリュープリンの注射だけで、診察日の翌日から飲み始めたので、

今日で4回目なのだけど、昼食時に

「あれ、今朝薬飲んだっけ?」

となってしまいました。

飲んだ記憶がない。

午後からの通院前に家事を終わらせて…と計画していると、バタバタしてしまうわたし。

結局、残っている薬を見て、減っている薬を逆算し「飲んでる(らしい)」と結論が

出ました。

でも、どうしても思い出せないのです。

無意識に動いているんでしょうね。




1日3回の白血球を上げる薬を飲むようになってから、朝飲むときに1日分の薬を

そろえてゼリーカップ(型)に入れ、キッチンの調理台隅っこに置きます。

目にふれる機会が多いので、時間がずれることはあっても忘れないんです。

ただ、ノルバデックスは1日1回なのでセット出来なかったの。




薬って体調がよくなってくると飲み忘れませんか?





4月11日(月) 外科診察医療費

・ノルバデックス、芍薬甘草湯、メチコバール、ユベラ処方(30日分) 5,040円

・リュープリン3.75注射 13,780円

再診料と合わせて19,030円でした。











リュープリン3.75
[PR]

by Luna-Vita | 2011-04-15 17:40 | わたしのカルテ