タグ:タキソール療法 ( 20 ) タグの人気記事

治療を受けられることに感謝~タキソール12回目

Martedi 15 marzo



本日2度目のアップです。



昨日は計画停電初日のため、朝から沿線のJRも私鉄も運行休止。

こんな状況で病院はどこまで診療するのかと思いましたが、早く化学療法を終了

させてスッキリしたいわたしは、いつもの病院行きのバスに乗って出かけました。

バスは20分遅れでしたが、電車の乗客が乗り込んでこないのでガラガラでした。

渋滞にも巻き込まれましたが、予約時間の8時30分には採血室へ。




病院も1つ置きに照明を消すなど薄暗かったです。

午後1時50分から5時までが、病院地域の計画停電時間で、午後の部は自家発電で

縮小診療するとのことでした。

さすが!と思ったのは、こんな日でもドクターやスタッフのみなさんは遅刻者ゼロだった

ということです。

患者さんは交通機関の事情で遅れたり、キャンセルが出たりで、受診科の待合室は

空いていました。

わたしは化学療法にけりをつけたい一心で受診しましたが、あえて言えば緊急性の

ない治療でもあり、先延ばしにしても体調が悪くなるわけではありません。

不安な中で過ごしている被災者の生活を考えると、とっても贅沢なことに思えました。




白血球3000に回復!

地震発生後、余震にもビクビク、睡眠不足で風邪気味?と思っていたのに結果良好。

無事終了しました。

この震災がなかったなら、看護師さんもオーバーに喜んでくれたことと思います。

点滴中にも余震があり、計画停電のことなど何度も業務連絡の放送が流れ、緊張感と

平常時とは異なる雰囲気がありました。




美味しいドルチェでお祝いしたいところだったけれど、いつもの生活に戻るまで

保留にしましょう。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-15 16:57 | わたしのカルテ

タキソール11回目

lunedi 7 marzo



白血球2600、好中球数1680で今日も無事点滴です。

右腕の血管はみつかりにくく、今まで針刺しに失敗されたりもしたけれど、よくここまで

もったよと、最終でもないのに安堵してしまいました。

次回は太い血管のある左腕で点滴すればよいので、緊張が緩みます。





最近の悩み、顔太り&体型の緩み。

体重は術前時+αで、そんなに大きく増えたわけではないのだけど、服がパンパン。

浮腫んでいるんじゃないの?と、先日、かかりつけ医の問いかけがありましたが・・・。

違うと思います。

だって、

今日は待合室で、浮腫みの為に自分の靴を履けないという人が靴下を脱いで見せて

くれました。

足首の辺り膨らんでいて、サリーちゃんの足(古い!)

指で押すとヘコんだまま。

そんな症状はないので、やっぱり弛みなんでしょうね。

小顔になる方法も探さなきゃ!





さて、今日は夫出張へ、息子は友人と外ごはん。

ゆっくりできます。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-07 17:44 | わたしのカルテ

タキソール10回目

lunedi 1 marzo


ついに2ケタの回数になりました。

今日は少しだるいけど元気。

普通に起きて洗濯、掃除機。

最寄りの食品スーパーで買い物もしてきました。

でも、顔が火照ってリンゴちゃん。



昨日は朝から冷たい雨。

寒いと血管が縮まって採血がたいへんになるんだよ~と危惧したけれど、

ホットタオルで温めなくても細い針を使ったら一発OKでした。

採血と点滴、2度の針刺しを思うと前の晩から憂鬱になるんですよね。

点滴の針を刺す時なんて、皮膚の下で伸縮式の釣りざおが自動的に伸びていく

かのように、段階的にぐっ、ぐっと感じて嫌です~。



看護相談室での問診も特に聞きたいこともなく、でもせっかくの時間なので、

まだ主治医から説明のない放射線治療のスタート時期を尋ねてみました。

「最後のタキソールの日から約1ヶ月後よ」

「そんなに空けるんですか!?」

「どっちの副作用が出たのかわからなくならないように、よ」

予定通りなら3月中旬にタキソール最後の回で、4月中旬まで待つのね・・・。

GWをはさむから5月いっぱい掛かりそう。



白血球3640、好中球数2100とGOサイン。

「ここまで来たから、白血球の注射になっても続けてやっちゃおうね。

風邪だけは引かないよう、くれぐれも用心してね」

終盤に入ったと思うと嬉しくて、気分もいいとついつい人込みに行ってしまいそうだから

気を引き締めなくては。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-01 14:34 | わたしのカルテ

タキソール9回目

giovedi 17 febbraio


14日はタキソールの投与日でした。

夕方から雨または雪の予報なのに、あさの出立時から粉雪。

冷えました~。


 
問診票に、筋肉痛、膝の関節痛で眠れない日があったことを記入しておいたら、

主治医は「N先生(自分のことをそう呼んでいました)、普段は冷たいんだけど、

今回は薬出します」

と、芍薬甘草湯とロキソニン(ムコスタをセット)を処方されました。

ロキソニンは頓服で。

「化学療法が終わっても痛みが続く患者さんもいるから、今はこの薬が効くかどうかの

お試しのつもりで」

ですって。

終了後はきれいさっぱり痛みがなくなってほしいものです。

白血球は2400、好中球数1490で無事化学療法センターへ。



当日さっそくふくらはぎに痛み。

回を重ねるごとに、痛みが早く出るようになったと思います。

芍薬甘草湯を飲み始めたけど、効くといいな~。



以前、読売新聞の「医療ルネサンス」~シリーズ痛み~に、がん治療の辛さを

和らげるために針きゅうを用いる緩和医療科の記事がありました。

針きゅう治療の、手で触れる、なでるという行為そのものが、患者にとって癒しになって

いる一面もあると説明されていました。

ならば、と自分でもお風呂でふくらはぎをもんだり、膝を優しくなでたりするのだけど、

夜中に痛みが強いのはなぜ~?

眠れなかった日の次の晩は、眠気が勝つらしく熟睡するのですが。



投与4日目の今日は…。

昨日からの二の腕の痛みがまだ続いています。

昨日は本当に動くのがだるくて、振替で休みをとった夫のショッピングのお付き合いも

お断りしてしまいました。

気分転換に連れ出そうとしてくれる気持ちはありがたいのですが、どうにも力が

入らなくて。

タキオール後半になって、体が本当に重いです(体重のせいだけではありませ~ん)

たまには夕食を作らなくていいよ、と嬉しいお言葉。

空いた時間、医療費控除の領収書を整頓しました。




あともうひと山越えれば化学療法終了。

頑張れ~~~。

e0205425_1639860.jpg

夫が職場研修で面倒をみた新人さんからいただいたミニブーケ
[PR]

by Luna-Vita | 2011-02-17 16:43 | わたしのカルテ

タキソール8回目

lunedi 7 febbraio


無事8回目を投与してきました。

白血球2900、好中球数1830と問題なく、蕁麻疹の痒みも治まっています。

わたしの蕁麻疹は広範囲であっても服で隠せる所でしたが、本日も待合室で

一緒になった方の一人は顔の発疹。

マスクで顔を覆って外出はできるものの、精神的ダメージは大きいとご自身で

おっしゃっていました。

お察しします。

まつげや眉毛は取り繕えても、顔の発疹中にはファンデーションのカバーもできない

ですもんね。

一昔前に、かづきれいこのリハビリメイクというのが流行ったけれど、うなづけます。

わたしもこんな時だからこそ、少しでも良く見せたいのだけど、いかんせん技術が・・・。

ちゃんと基礎から習っておくんだった。

そしてもっと遅く生まれていたら、つけまつげも装着できたのかも~。





化学療法センターでは、点滴に繋がれたわたしに来訪者が。

タキソール入院で同室だったUさん。

Uさんはその時手術入院だったけれど、病理の結果抗がん剤なしで放射線治療に

入った(あの大学病院では)数少ない乳がん患者さん。

御主人は血液のがんで同じ大学病院に通院中。

今日は3ヶ月に一度の点滴日のため御主人と一緒に来たのでわたしのベッドを訪ねて

くれました。

年配者には敬意をはらい、他人にとても親切で落ちついた雰囲気のUさん。

彼女に会い、また外来の待合室で話の渦に初対面の方も巻き込み、巻き込まれ

情報交換したおかげで、だらりんモードのスイッチが切り替わりそう。

主治医の「だるくて当たり前、順調に8回目まで来たからだよ」という言葉に

気持ちも身体も軽くなりました。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-02-07 18:26 | わたしのカルテ

ジワジワと・・・

venerdi 4 febbraio


たいていタキソール投与の翌々日から味覚障害が出てきます。

月曜日に投与、水曜日にまずは口の中に薬があふれているような不快を感じ、

食欲はあるのだけれど、美味しくないのです。

いつもの味付けがもの足りず、甘く、またははっきりした味に走ってしまいます。

今日もチョコレートに手を伸ばしてしまいました。



先週は休薬週で比較的体が楽だったせいか、今回の投与はとにかくだるい。

そして粘膜系がやられている気がします。

久しぶりに胃が重苦しい~。

さらにタキソールを始めてからずっとですが、鼻汁にうっすらと血が混じります。

休薬週はそれがないので、タキソールのせいと思っているのですが、

先日も看護師さん曰く、「そんな患者さんいませんねぇ」

つれないなぁ。



ECはドカーン!と副作用が来たけれど、日を追うごとに軽くなっていき、3週間目は

ピンピンしていたと思う。

タキソールはその日になってみないとわからない副作用の波があって、気分を重く

しますね。

予定通りにいかないもどかしさ。

スッキリ気分が到来と思うとすぐ次の投与日。



副作用の倦怠感なのか、自分に甘いぐーたらになっているのか、わからない~っ!
[PR]

by Luna-Vita | 2011-02-04 15:59 | わたしのカルテ

タキソール7回目

lunedi 31 gennaio



今日は予約日でした。

タキソール続行です、ほっ

ただし蕁麻疹の薬をずっと飲み続けることになってしまいました。

赤みは治まってきたけれど、まだ痒みは強いので。

白血球は5200まで回復していました。

乳がんで5種、他院で漢方薬1種と薬漬けになってゆくぅ。

でも、タキソール後半戦となったのは嬉しい。



診察は良しだったけど、不運もありました(涙)

夫が休みを取り、珍しく朝病院へ送ってくれることに。

いつもよりゆっくりの出発でラクチンと駐車場に向かったら、オートロックのカギが

開かない!

バッテリー切れ。

夫、前回降りるときにルームランプを付けっ放しにした模様。

わたしはバスで病院へ向かい、予約時間に遅れました(汗)

車は自動車保険のロードサービスを使い業者に来てもらったそうです。

そのままディーラーに向かい、バッテリー交換3万円也。

先月買った新車なんですよ〜。

痛い出費(涙)

送迎できなかったお詫びにとタルトを買ってきてくれたのですが、今日の計測で、

2週間で2キロ弱増えていたわたしには…




いえいえ迷わず食べました。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-31 20:42 | わたしのカルテ

母の詠歌

martedi 18 gennaio


「今日の新聞に載ったのよ~、見てね。

Vitaちゃんのこと詠んだから」

と先日母から電話がありました。

蕁麻疹がひどくて、日中布団にもぐりこんでいた日だったので、

のちほど起きだして紙面をめくってみると・・・。



「萬年を生き抜く亀のストラップ長き治療に向かふ娘へ」



選者評には、“強く生き抜け、という願いを込めて娘さんに亀のストラップを

贈った。これから闘病生活に入る娘さんへの何よりのお守りになるはず。

「萬年を生き抜く」がじつに頼もしい(抜粋)”

とありました。



思わず涙があふれてしまいました。

心配させてしまった両親に対し今のわたしが出来ることは、毎日マイペースながらも

ポジティブに笑って生活しているのを見てもらい、安心してもらうことしかありません。

いつも見守ってくれてありがとう、頼もしいおかあさん(寄りかかるにはちっちゃい

けれどね)。

親孝行はもうちょっと待っててね。

e0205425_1692983.jpg


で、これがその携帯ストラップ。

わたしの好みではないし、かれこれ半年は経つのでちょっと薄汚れていますが、

母の気持ちを思うと取り替えられず・・・。

伊勢へ旅行した時の水族館のお土産グッズらしいです。

伊勢神宮のお守りでないところが母らしいです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-18 16:23 | 日常

タキソール6回目

lunedi 17 gennaio


蕁麻疹が拡がるばかりなので、今日の投与は諦めモード、病院へ向かう足取りも

重かったけれど、あっさり投与決定043.gif

血液データ的に大丈夫だったみたい。

ただ、2週間後もまだ発疹が赤いままだったら、薬(抗がん剤)を替えようだって。

ここまできてそれはないよ~



アレルギー止めを処方してくれたけど、安易に先日の皮膚科と同じ薬、同じ用法。

発疹の様子も診ないとは・・・。



点滴出来たのだから、考えすぎるのはやめよう。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-17 15:36 | わたしのカルテ

蕁麻疹出ちゃった~

venerdi 14 gennaio


嫌な予感はあったのだけど~。

おとといの夕食後、何やらお腹のあたりが痒いので、服をまくり上げて見てみると、

赤いブツブツがお腹一面、下腹の方も。

両腕肘の内側も。

日曜日の晩、就寝前に見つけた左首の発疹。

以前処方された軟膏をつけて休んだらひいたので気にしないようにしていました。

アンダーバストのブツブツもブラのせいではなかった?



ともあれ、昨日は朝一番に病院へ受診相談。

でも、タキソールの副作用とは違いそうだから、どうぞご近所の皮膚科へって。

大学病院の皮膚科はたいへん混雑してるからって。



かかりつけの皮膚科。

わたしが乳がん患者とわかってから、先生の態度が何か違う気がして足が遠のく

のだけど仕方ない。

昨日の診察もろくに診ないで先生退場、看護師さん任せ。

服を脱ぐのは面倒だけど、見せたいわけじゃないけど、ひどく出たねとか、

痒そうだねの一言ぐらい欲しかった。

他院で治療中、それも抗がん剤中だからひいているのかな。

すっかり被害者妄想です。

開業した当時に比べ混雑しているので、仕方ないのかな。

ま、看護師さんは親切だから助かるけれど。

そうしてアレルギー止めが処方されました。





お腹の発疹を見た晩、あ~これは瞑眩(めんげん)かもと思いました。

冷えとりの排毒の症状のことです。

真剣に冷えとりに取り組むと、一時的に症状が悪化したり、古い症状が再発

したりするそうです。

体が目覚めて治癒に向かうための過程の毒だしなので、薬で抑え込んでは

いけないし、出たことを喜ぶべきなんだそうですが、わたしはゆるゆる冷えとりだし、

抗がん剤中の身。

化学療法を中断することになっては困るので、薬はもちろん飲みます!



そういえば、皮膚科の先生は「疲れからくるものでしょう」と言いました。

家にいて、たらたら家事しているだけなのにこれ以上どうしろと?

笑っちゃうしかないです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-14 15:27 | わたしのカルテ