ありがとう

lunedi 23 aprile



就活していた息子、先週月曜日に初の内定を
いただきました♪

翌日に、他社の最終面接が控えていたので、
返答を待ってもらい、
結局後から決まった企業に行くことにしました。


そうはいっても、最初に採用を通知してくれた会社、どんなにありがたかったことか。

昨年11月に資格試験に合格して、翌日からの就職活動スタート。
世間知らず、準備期間なしの息子、
海千山千の社会人やトップ大学・大学院の学生に
太刀打ちできるわけもなく…撃沈。
当初志望していた法人数社の不採用という結果に
途方にくれていました。
「どうしていいかわからない」
親として、
「大学のキャリアセンターには行ったことがあるの?
まだならまず相談してくれば?」
としか言えませんでした。
でも、その言葉が功を奏して、
キャリアセンターから帰ってきた息子の顔は晴れやかでした。
一般企業に目を向けさせてくれたアドバイザーの方に
感謝です。

そして、途中の審査・面接で辞退させていただいた
各会社にも感謝の気持ちでいっぱいです。
息子の良いところを認めてくれたということでしょう?

そうした会社の商品が我が家にあるので、
「就職というご縁はありませんでしたが、
これからも買いますね!」
と、手を合わせています。
[PR]

# by Luna-Vita | 2012-04-24 00:00 | 携帯から

ここまで伸びました

martedi  17 aprile

e0205425_1646356.jpg

                              美容院後




やっと古巣に帰りました(といっても、3月下旬の話なんですが・・・汗)

ウィッグをこしらえたサロンから、行きつけの美容院へ戻り、
相談の上、カラーとカットをオーダーしました。
そこの美容師さんは、過去に
抗がん剤中のお客様を対応していたことが何度もあって、
そのうえ、わたしも一昨年の2つめのウィッグをネットで購入した際に
カットで合わせてもらったこともあるので、
物知り顔でやってくれました。
「まだ短い毛があるから、これからも増えますよ」
と嬉しい言葉のおまけつき。

今回のカラーは、白髪染めではなくヘアマニキュアで。
地肌につけず髪の表面を覆うだけなので、頭皮に良いそうです。

そして、縮毛矯正とストレートパーマは違うものって
皆さんはご存知でしたか?

カットでごまかせたので、施術しなかったのですが、
縮毛矯正は、のり巻きで言うなら「かんぴょう」までまっすぐにし、
ストパーは「のり」だけに作用しているということです。
だから矯正した後は、どんなに巻いてもカールしないのね。


脱毛があったことを気づかれないスタイルになったのに、
未だシャンプードライの頭に巻いたタオルが、ふとしたことでずりおちた時、
ハッとするクセが抜けません。
冷や汗もの(のはず)が、か~っとのぼせるのよね。
ホットフラッシュはこれからも続くのね・・・。


最後の抗がん剤より丸1年。
カットしてもこれだけある。
かなり嬉しいぞ。

わたしの髪型変遷の影響か、職場ではみなさん次々と
短くしたり、パーマかけたりのスタイルチェンジ。
他部署の男性から
「〇〇〇(わたし達のセクション)のみんな、何があったの!?」
と尋ねられる始末。

脱ヅラした時に、前髪が短くクルンとしていたから
(縮毛矯正はトップと左右のサイドだけだった)
わたしはパーマをかけたと思われていたのよね。
真逆(爆)

ロングヘアの若い子たちが短くし始めたので、
わたしは伸ばすとしましょうかね。
[PR]

# by Luna-Vita | 2012-04-17 16:43 | 髪の毛

花より団子!?

domenica 15 aprile



e0205425_16315896.jpg



e0205425_16323171.jpg



桜の花パウダー。
プリザーブドフラワーの先生にいただいたままだったので、
賞味期限の前に、そして季節の終わる前に使いたくて・・・。

和には和よね、と金時豆の甘煮を合わせてみました。

パウダーは生地に織り込んでしまうと風味が薄れるみたい。
豆の甘みを抑えてくれましたが・・・。
塩に混ぜて、天ぷらの付け塩にしたり、生クリームに加えた方が
桜色を生かせたはず。
無駄にしなかっただけ満足。
[PR]

# by Luna-Vita | 2012-04-15 10:30 | 日常

桜に思うこと

sabato 14 aprile


さくらまつりなのに~、先週末はお仕事でした。
上野不忍池の桜のTV映像が目に入ってしまったら、
お花見に行きたくなってたまらず、
Vita地方で満開と言われた10日に、隣市の桜の名所に行ってきました。
e0205425_15353024.jpg

e0205425_1536097.jpg




そして、おととい自由が丘へ所用で出かけた際も、
足を延ばして洗足池公園の桜を観賞。
e0205425_1540869.jpg

e0205425_15503091.jpg




「桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になります」とは、
坂口安吾の文。
言い得て妙です。

生命の再生や華麗な空間を桜観としている方も多いと思いますが、
わたしは桜の花の「魔性」にも、魅かれずにはいられないの。
そして、賑やかに寄り集まって飲んだり食べたりする人々、
往来する人々がいてこそ安心して鑑賞できます。
人の姿がなければ、美の極み、桜の狂気に憑かれ帰れなくなる・・・。


花が見たくば吉野へござれ。

隙間なく空を覆う花々、より美しい花を見つけて山奥に踏み入り、
いつしか方向を見失う。
体験してみたい。

とり憑かれたかな~、
現実問題、戻れなくなるのは困る~。
[PR]

# by Luna-Vita | 2012-04-14 16:29 | 日常

リュープリン接種6回目

lunedi 9 aprile


暖かい陽気になったせいか、もともと持っていた尋常性乾癬が痒くて
たまりません。
帯状疱疹後の背中の皮膚も痒み抜けきらず、
うっかりすると人前でも襟元に手を突っ込んで、ボリボリ掻いてしまう
ありさまです (>_<)
集中力、やる気もゼロ。


今日は3ヶ月ごとの外科(乳腺)の受診。
「困っていることはないですか?」
に始まる診察。
最近いっそうホットフラッシュが頻繁になってきたことをお話ししても
「二つ(ノルバとリュープリン)やっているからねぇ」
爪が折れたり割れたりすることを訴えても、
「タキソールをやっているからねぇ
影響は長いんだよ」

ま、わたしがニコニコ話をするものだから相手にされないのでしょう。
のれんに腕押しなものだから、膝が痛いこと、術痕が痒いことを
言い忘れてしまいました。
次回は悲痛な演技をすることにします。


接種前に、いきなり
「次回は7月、リュープリンは最後ね」
と言われて面食らいました。
「7月で2年じゃん」
と強調するドクターです。
確かに術後2年、検査があると思ってはいましたが
ホルモン療法はまだ1年。
「あ、生理が来ちゃったから注射したのか」
と、また見当違いなことを言い出す。
違いますっ!
生理はEC後にはまだあったけど、タキソールでストップしていました。
子宮腺筋症、子宮筋腫があるからノルバの副作用が心配だと話したら、
「リュープリンも注射するから大丈夫!」
と仰ったんじゃないの~。

「それでも、もういいよ、7月が最後で。
薬は続けるからね~」
と無理やり?結論づけられて、次回が最後に決定しました。

最低2年間はリュープリン治療と思っていたので、
短くなって嬉しい半面、それでいいのかの疑問も。

リュープリンは、婦人病で使用する時は、4ヶ月が1クール。
その後はしばらく(半年~1年?)休まなくてはいけない。
だから、標準的に2年間の加療に、当初とても驚いたものでした。

継続して、骨祖そしょう症などの副作用も心配だけど、
終了して、女性ホルモンの分泌が始まったら?
微妙なお年頃ですが、病気前は「妊婦並み」と言われた
女性ホルモン量だったんです。
おとなしくなった子宮系の症状が暴れださないかなぁ?

最近太ったのは、「許容範囲」とのこと。
でも油断しないように、と。
「このドアが開くと、トトロがズラ~っといる時があってねぇ」
と、どなたのことを言ってるの!?



次回の接種の時、術後2年検査の予定です。
もう、CTの検査はないそうです。
これも嬉しい半面、突き放されたような物足りなさ。
どちらになっても納得、満足とはいかないようです。


ところで・・・
前回通院の3月、自動精算機が新しくなっていて、
通院医療費もカード払い可能になっていました ヽ(^o^)丿
その日は放射線科の受診で210円という再診料。
さすがにカード払いにはしませんでしたが、
今日のリュープリン分のポイントは大きいわ~!!
[PR]

# by Luna-Vita | 2012-04-09 18:30 | わたしのカルテ