<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

先に言われてしまったら

lunedi 28 marzo



ちょっと長くなります。


週末は、息子の少年野球時代のコーチ、保護者の方々と持ち寄り飲み会でした。

役員を一緒に務めたKさんが転居先の長野から所用で県内に来るので、当時の

父母会長だったMさん宅に集合。




お誘いがあった時、迷ったのが本音です。

Kさんとは6年ぶり、会いたいけれど大勢の酔っ払い相手に、わたしの闘病が

バレる事件が起きそうで。

ごく親しい友人には話していますが、それほどでもない関係の人にはわざわざ

話したくないものでしょう?

人の口には戸をたてられないと言いますから、どんな繋がりで拡がってしまうか

わからないですよね。




酔ったKさんご主人が、Y総監督(息子小6の時は低学年の監督)に

「Vitaちゃんの肩も揉んでやれ」

と言った時はひやっとしました。

Y総監督は、プロの整体師さん。

そりゃあ気持ちいいでしょうけど、頭上を見降ろされたらつむじでヅラを気づかれちゃう。

肩にかかる髪を一緒に揉まれたらずれるだろうし…。

Kさんの奥さんは気持ちよさげにやってもらってましたが、

わたしは必死に、でも表面はさりげなくお断り。

まったく、心配が現実になるところでしたよ。




その後は遅れてやってきたお母さん方と廊下でアラジンストーブを囲んでいたら、

息子が小1の時の監督、現在は顧問のYさんが通りかかったので、お母さんの一人が

ご挨拶をしたのです。

「今はお一人でいろいろとたいへんでしょう?」

そういえば、奥様が亡くなったと後になってから風の便りに聞いたなと思っていると

「3年半も闘病でたいへんだったからねぇ。

毎日抗がん剤になっちゃったし。

あなたたちも気をつけてね」

と言ってY顧問は去っていきました。

“抗がん剤”“あなたたちも”っていうことは女性特有のがん!?

さらに、「Tさんの奥さんも乳がんで亡くなっているんだよね」

と別のお母さんが言い出して。

Tさんとはウチの子が卒業して2、3年後の監督。

新たなメンバーが到着したので、その話はそれっきりになりましたが、

心に暗闇ができてしまいました。

だって、夫も監督だったんだもの、1年間だけですが。

監督夫人はがんになる!?




それで思い出したのが…。

退職した会社の職場に病名を明かさなかったのは、わたしの前任者が乳がんで

亡くなったということを偶然耳にしたのが理由の一つでした。

なんでも退職した後に罹患が発覚したらしいのですが、職場の先輩はその方と

わたしが一緒に働いていた期間があると思い、教えてくれたのです。

乳がんの確定診断が出たばかりの時で、正直聞きたくなかった話でした。

その晩は「負の連鎖」に思えて辛かったけれど、翌日にはそんな連鎖は

断ち切ってやると決意してましたけど。

それでも、同僚たちに心配をかけたくなくて手術するとまでしか明言

しませんでした。

あんなタイミングではさらっと言えなかった…。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-28 21:53 | 日常

揺れる

venerdi 25 marzo

e0205425_2174463.jpg

地震酔いになってしまいました。

あの地震から2日後くらいからでしょうか、地面が揺れていないのに

体が揺れ、時には気持ちが悪くなってきます。

余震なのか、めまいなのかわからなくなってしまうので、1リットルのペット

ボトルに水を半分ほど入れておき、水の揺れを確認して判断しています。




今朝のTV番組でも、そんな状態の人が増えていると言っていました。

聖マリアンナ医科大学病院耳鼻咽喉科のドクターによると、

ストレスからくるものなので、ストレッチや 首を回すなど、 体を動かして

気分転換するといいとのこと。

「下船病」に近いのではないか、と言っていました。

船に乗っていて、 降りてからも体が揺れる感じがするというものです。

下船病はじっとしている時に起こるので、 動いた方がいいらしいです。

ひどいときは 耳鼻咽喉科へ行くようにと。




確かに、座っている時にグラグラし、外出している時は忘れています。

パソコンに向かっている時、新聞を読んでいる時などに揺れに見舞われます。

余震が続いている間は症状が出る、と断定されちゃったよ~。

当分余震が続きそうなのに。





今月のプリザーブドフラワーはちょっと涼しげ。

平面というのが難しかった~。

中央のロイヤルブルーのバラが埋もれてしまい・・・反省。





実は、先月の作品は地震で玄関のシューズボックスから滑り落ち、

ぐしゃっと潰れてしまったのでした。

散乱した時にはもうモノなんていらない、何にも飾らない、と思ったけれど、

なければ淋しいし、潤いが足りないので、最低限に抑えて飾ろうと考え直しました。

e0205425_218391.jpg

[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-25 21:11 | 日常

いつもの生活へ

martedi 22 marzo


三連休が明けました。

息子が小学生の時から、休日は野球のお茶当番や応援で外出していました。

ここ数年、夫の職場は土日が多忙時、わたしの勤務もどちらかの曜日は出勤日と

なっていたので、丸々3日も夫が在宅で顔を突き合わせるというのはプレッシャー

でした。




でも、初日に息子と大きなタンス(婚礼家具)を別室に移動してくれ、やっと

その晩からいつもの部屋で眠れるようになりました。

以前から、背の高い家具に囲まれて休むのは気になっていたものの、ずっと

先延ばしになっていました。

今回の地震で、夫も防災対策を実行に移す気になったようです。




昨日は食料品の買い物へも同行、大型スーパーへ。

納豆や牛乳はありませんでしたが、パンもワゴンいっぱいに出ていて、普段は

見かけないメーカーですが、食パンもありました。

お米もトイレペーパーも売っています。

被災地へは長い長い支援を続けて行かねばなりません。

原発事故の不安もぬぐえません。

だからこそ、買い込みをするという混乱は収まってほしいです。




日常の生活を立て直し、日本の経済を停滞させないよう、自分のフィールドで

精一杯働く。

わたし達にできること。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-22 15:06 | 日常

治療を受けられることに感謝~タキソール12回目

Martedi 15 marzo



本日2度目のアップです。



昨日は計画停電初日のため、朝から沿線のJRも私鉄も運行休止。

こんな状況で病院はどこまで診療するのかと思いましたが、早く化学療法を終了

させてスッキリしたいわたしは、いつもの病院行きのバスに乗って出かけました。

バスは20分遅れでしたが、電車の乗客が乗り込んでこないのでガラガラでした。

渋滞にも巻き込まれましたが、予約時間の8時30分には採血室へ。




病院も1つ置きに照明を消すなど薄暗かったです。

午後1時50分から5時までが、病院地域の計画停電時間で、午後の部は自家発電で

縮小診療するとのことでした。

さすが!と思ったのは、こんな日でもドクターやスタッフのみなさんは遅刻者ゼロだった

ということです。

患者さんは交通機関の事情で遅れたり、キャンセルが出たりで、受診科の待合室は

空いていました。

わたしは化学療法にけりをつけたい一心で受診しましたが、あえて言えば緊急性の

ない治療でもあり、先延ばしにしても体調が悪くなるわけではありません。

不安な中で過ごしている被災者の生活を考えると、とっても贅沢なことに思えました。




白血球3000に回復!

地震発生後、余震にもビクビク、睡眠不足で風邪気味?と思っていたのに結果良好。

無事終了しました。

この震災がなかったなら、看護師さんもオーバーに喜んでくれたことと思います。

点滴中にも余震があり、計画停電のことなど何度も業務連絡の放送が流れ、緊張感と

平常時とは異なる雰囲気がありました。




美味しいドルチェでお祝いしたいところだったけれど、いつもの生活に戻るまで

保留にしましょう。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-15 16:57 | わたしのカルテ

災害の備え

Martedi 15 marzo


地震発生から時間がたつにつれ、被害の大きさが明らかになりました。

津波が集落を飲み込む映像は、1度目は驚きでしたが、2度目3度目になると

涙が出ました。

このシーンは、何度も見ていては精神をボロボロにしそうです。



わたしは自宅で遭遇しましたが、それはもう怖かったです。

この付近は震度5弱だったそうですが、我が家は5階なので揺れは大きく、ものが

散乱しました。

食器が割れる音や、避難のために空けたドアが閉まりそうになったことが恐怖を

あおりました。

片付けが済んだ今は、その対策を練っています。

寝室の重い家具もずれたので心配になり、リビングで寝ています。



All Aboutで防災用品についての記事をあらためて読み、災害に備えて最優先

すべきことは自宅(それも寝室)の安全を高めること、と認識しました。

今まで考えてはいたけれど、実行できずにいた部分です。

現在リビングで寝ているのも、片付けがたいへんだったのも、自分が怠っていたから。

今回の地震を教訓に、進めていきます。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-15 16:49 | 日常

人目を忍ぶ生活

giovedi 10 marzo


我が家のベランダ側並びのマンションが、外装改修工事を始めました。

今はまだ足場を組み立てている段階ですが、4階建ての屋根を行き来する

職人さんが数人。

5階の我が家、洗濯物の出し入れにベランダへ出入りする時、どうしても

出くわす形になってしまいます。

約10メートルは距離があるし、あちらは作業中だし、足元気をつけないと

いけないわけだから、隣のマンションの主婦がバンダナ帽子の下はハゲている

なんて気がつくわけない、と思うものの、

やっぱり嫌なんです、こんな頭見られるのは。




しばらく洗濯干しもウィッグ装着だわ。

もしくは職人さんがいない時を見計らって、ササッとかな。

我が住まいのマンションが昨年4カ月もの工事期間で、やっと窓・カーテンを

閉め切った生活から解放されたっていうのに、また・・・。




今日はタキソール11回目の4日目。

朝食後から気持ち悪く、腹痛です。

回数を重ねるにつれ、副作用がひどくなると聞いてはいるけれど、お腹にくる

風邪なのか迷うところ。

でも、お腹はすいて、おかゆを遅い昼食にしましたけどね037.gif
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-10 17:24 | 日常

タキソール11回目

lunedi 7 marzo



白血球2600、好中球数1680で今日も無事点滴です。

右腕の血管はみつかりにくく、今まで針刺しに失敗されたりもしたけれど、よくここまで

もったよと、最終でもないのに安堵してしまいました。

次回は太い血管のある左腕で点滴すればよいので、緊張が緩みます。





最近の悩み、顔太り&体型の緩み。

体重は術前時+αで、そんなに大きく増えたわけではないのだけど、服がパンパン。

浮腫んでいるんじゃないの?と、先日、かかりつけ医の問いかけがありましたが・・・。

違うと思います。

だって、

今日は待合室で、浮腫みの為に自分の靴を履けないという人が靴下を脱いで見せて

くれました。

足首の辺り膨らんでいて、サリーちゃんの足(古い!)

指で押すとヘコんだまま。

そんな症状はないので、やっぱり弛みなんでしょうね。

小顔になる方法も探さなきゃ!





さて、今日は夫出張へ、息子は友人と外ごはん。

ゆっくりできます。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-07 17:44 | わたしのカルテ

かかりつけ医がなくなる!!

venerdi 4 marzo


1か月半振りに女性総合外来のクリニックに行ってきました。

夜布団の中で、脛や太ももが痛むのは冷えのせいに思えて。

上半身は暖かいし、布団のなかで横たわっているときに痛むのは、足の血液循環が

悪いのかな、と十全大補湯をもらいたかったので。



行ってビックリ!!。

玄関ドアと受付窓口の横の2か所に張り紙があり、女性総合外来は3月23日を

もって診療を終了することになった、との内容だったのです。

子宮腺筋症の痛みを和らげ、働きの弱った胃腸を回復させてくれた女性ドクターが

いなくなるなんて。

漢方薬は、処方してくれる医療機関が増えてきたけれど、婦人科、内科と病態が

複雑に絡み合っている不調を治療してくれるドクターにめぐり合えたのはラッキー

だったというしかない。

今後の受診について紹介できるところは、それぞれ単独の専門医となってしまう

らしいのです。

わたしの場合は、乳がんで通院中の大学病院がいいのではないかとのご提案。




本当に相談しやすい先生で、更年期になっても安心だと思ってたのに~。

ショックです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-04 16:13 | わたしのカルテ

春バージョン

giovedi 3 marzo

e0205425_1565545.jpg

迷いに迷ったプリザーブドフラワーの講座。

わたしが治療中で家にこもりがちのこの時期に知人が始めたというのも「ご縁」かなっと

月1回×6ヶ月の初級コースに通い始めました。



もともと器用ではないのですが、心配していたとおり、指先のしびれがハンデと

なっています。

たとえばフローラルテープという緑のテープをバラの子房に刺したワイヤーに

巻いて「茎」にするのだけれど、

引っ張ることで粘着力がアップするフローラルテープ、力加減をコントロールできず、

ちぎれてしまった。

また、温めることでも粘着力が増すのですが、指先で抑えても熱が伝わらずテープが

ずれる。





と、悲しい有様。

指先はやはり血行障害ね。

今回は友人と二人だけのレッスンだったからまだ良かったけれど、一緒に習う方々に

後れをとってしまうこと必定!



それでも、友人の感性に触れたり、会話したりというのはわくわくする時間。

テクニックはまだまだ基本ばかりだけど、「クロスメソード」、「ヘアピンメソード」等、

1つ1つに名称もあり、花の種類と共に覚えるのも楽しい~!

詰め込みの試験勉強はもうだめですけど~。

e0205425_15444735.jpg

[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-03 15:55 | 日常

タキソール10回目

lunedi 1 marzo


ついに2ケタの回数になりました。

今日は少しだるいけど元気。

普通に起きて洗濯、掃除機。

最寄りの食品スーパーで買い物もしてきました。

でも、顔が火照ってリンゴちゃん。



昨日は朝から冷たい雨。

寒いと血管が縮まって採血がたいへんになるんだよ~と危惧したけれど、

ホットタオルで温めなくても細い針を使ったら一発OKでした。

採血と点滴、2度の針刺しを思うと前の晩から憂鬱になるんですよね。

点滴の針を刺す時なんて、皮膚の下で伸縮式の釣りざおが自動的に伸びていく

かのように、段階的にぐっ、ぐっと感じて嫌です~。



看護相談室での問診も特に聞きたいこともなく、でもせっかくの時間なので、

まだ主治医から説明のない放射線治療のスタート時期を尋ねてみました。

「最後のタキソールの日から約1ヶ月後よ」

「そんなに空けるんですか!?」

「どっちの副作用が出たのかわからなくならないように、よ」

予定通りなら3月中旬にタキソール最後の回で、4月中旬まで待つのね・・・。

GWをはさむから5月いっぱい掛かりそう。



白血球3640、好中球数2100とGOサイン。

「ここまで来たから、白血球の注射になっても続けてやっちゃおうね。

風邪だけは引かないよう、くれぐれも用心してね」

終盤に入ったと思うと嬉しくて、気分もいいとついつい人込みに行ってしまいそうだから

気を引き締めなくては。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-03-01 14:34 | わたしのカルテ