<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

タキソール7回目

lunedi 31 gennaio



今日は予約日でした。

タキソール続行です、ほっ

ただし蕁麻疹の薬をずっと飲み続けることになってしまいました。

赤みは治まってきたけれど、まだ痒みは強いので。

白血球は5200まで回復していました。

乳がんで5種、他院で漢方薬1種と薬漬けになってゆくぅ。

でも、タキソール後半戦となったのは嬉しい。



診察は良しだったけど、不運もありました(涙)

夫が休みを取り、珍しく朝病院へ送ってくれることに。

いつもよりゆっくりの出発でラクチンと駐車場に向かったら、オートロックのカギが

開かない!

バッテリー切れ。

夫、前回降りるときにルームランプを付けっ放しにした模様。

わたしはバスで病院へ向かい、予約時間に遅れました(汗)

車は自動車保険のロードサービスを使い業者に来てもらったそうです。

そのままディーラーに向かい、バッテリー交換3万円也。

先月買った新車なんですよ〜。

痛い出費(涙)

送迎できなかったお詫びにとタルトを買ってきてくれたのですが、今日の計測で、

2週間で2キロ弱増えていたわたしには…




いえいえ迷わず食べました。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-31 20:42 | わたしのカルテ

蜂蜜~♪

venerdi 28 gennaio


e0205425_17253744.jpg

クレジットカードのポイントでもらっちゃいました(正確には夫が)

夫はポイント交換の景品や、カタログギフトのチョイスはたいてい食べ物です(笑)

食べてなくなるので、あんまり使わないものをもらって場所をとるよりいいけど。



精製しすぎたものは血液を汚すので体に良くないと「自然療法」の本にあり、

結婚してからずっと料理の甘味は粗製糖やてんさい糖を使っています。

そして乳がんになってからは蜂蜜も気になって・・・。

健康づくりっていう意味で。

以前ネットで検索したら、はちみつの効果については、

便秘や下痢の改善

リラックス効果

殺菌作用

貧血改善

疲労回復

胃の粘膜の強化

血液さらさら効果

皮膚細胞の活性化

発毛促進

口臭、虫歯予防

などの記載がありました。

発毛促進には反応してしまいましたわ!



ただし、これらの効能はどこまで科学的に検証されているのか疑問はあります。

白砂糖よりは良いってことで、料理に取り入れま~す。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-28 17:29

眼精疲労

lunedi 24 gennaio


下まぶたがピクピクしたり、やたらとまぶしいと感じたり、目がショボショボ

する日が続きました。

パソコンはもちろん新聞や本の細かい文字も読むのが辛くて・・・。



おととしの春のことですが、目が痒くて花粉症用の目薬が欲しくて受診した

眼科では、ドライアイと老眼の診断をされました。

それ以来、度の低いリーディンググラス(今は老眼鏡とは言わないのね)が

手元にあります。

ただ、メガネはなかなか慣れませんね。

このドライアイや老眼も眼精疲労の一因となるそうです。



目の疲れを取るために

◎ぎゅっと目をつぶった後、遠くを見る

◎瞳をゆっくり左右上下へ順番に動かす

◎目の周りを指先でマッサージする

◎ホットパックやアイスパックを当てる

等、たま~に行なっています。



そんな折、夫が買ってきた「花王 蒸気でアイマスク」を発見!
e0205425_18394054.jpg

そういえば最近TVコマーシャルで観たことがあるな~。

1つもらって使ってみたところ、気持ちいい~♪

目元あたたか~、カモミールジンジャーの香りもほぉ~とします。

ラベンダーの香りもあるそうです。

パソコンの前の貴方、お試しを。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-24 18:41 | 日常

母の詠歌

martedi 18 gennaio


「今日の新聞に載ったのよ~、見てね。

Vitaちゃんのこと詠んだから」

と先日母から電話がありました。

蕁麻疹がひどくて、日中布団にもぐりこんでいた日だったので、

のちほど起きだして紙面をめくってみると・・・。



「萬年を生き抜く亀のストラップ長き治療に向かふ娘へ」



選者評には、“強く生き抜け、という願いを込めて娘さんに亀のストラップを

贈った。これから闘病生活に入る娘さんへの何よりのお守りになるはず。

「萬年を生き抜く」がじつに頼もしい(抜粋)”

とありました。



思わず涙があふれてしまいました。

心配させてしまった両親に対し今のわたしが出来ることは、毎日マイペースながらも

ポジティブに笑って生活しているのを見てもらい、安心してもらうことしかありません。

いつも見守ってくれてありがとう、頼もしいおかあさん(寄りかかるにはちっちゃい

けれどね)。

親孝行はもうちょっと待っててね。

e0205425_1692983.jpg


で、これがその携帯ストラップ。

わたしの好みではないし、かれこれ半年は経つのでちょっと薄汚れていますが、

母の気持ちを思うと取り替えられず・・・。

伊勢へ旅行した時の水族館のお土産グッズらしいです。

伊勢神宮のお守りでないところが母らしいです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-18 16:23 | 日常

タキソール6回目

lunedi 17 gennaio


蕁麻疹が拡がるばかりなので、今日の投与は諦めモード、病院へ向かう足取りも

重かったけれど、あっさり投与決定043.gif

血液データ的に大丈夫だったみたい。

ただ、2週間後もまだ発疹が赤いままだったら、薬(抗がん剤)を替えようだって。

ここまできてそれはないよ~



アレルギー止めを処方してくれたけど、安易に先日の皮膚科と同じ薬、同じ用法。

発疹の様子も診ないとは・・・。



点滴出来たのだから、考えすぎるのはやめよう。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-17 15:36 | わたしのカルテ

夕方まで寝ちゃいました

domenica 16 gennaio


疲れからきているのでしょう、との蕁麻疹の診察だったので、今朝は息子の朝食を用意したら再び布団にもぐりこみました。

そういえば、センター試験二日目なんですね。
受験生のおかあさんたち、朝早くから温かい朝食を並べたり、試験会場まで送ったりと応援しているんでしょうね。
わが息子は大学生、授業は休みだけど資格取得のための講義を専門学校で受けているので、追い込みらしいです。
深夜まで勉強しているので、ご苦労さまの意味を込めての朝食セッティング。
試験本番はもっと先なんだけど、サクラ咲く春が待ちどおしいです。

明日、タキソール6回目の予定ですが、蕁麻疹が治まらないから延期だろうか…。
早く抗がん剤を卒業したいよ〜。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-16 20:03

蕁麻疹出ちゃった~

venerdi 14 gennaio


嫌な予感はあったのだけど~。

おとといの夕食後、何やらお腹のあたりが痒いので、服をまくり上げて見てみると、

赤いブツブツがお腹一面、下腹の方も。

両腕肘の内側も。

日曜日の晩、就寝前に見つけた左首の発疹。

以前処方された軟膏をつけて休んだらひいたので気にしないようにしていました。

アンダーバストのブツブツもブラのせいではなかった?



ともあれ、昨日は朝一番に病院へ受診相談。

でも、タキソールの副作用とは違いそうだから、どうぞご近所の皮膚科へって。

大学病院の皮膚科はたいへん混雑してるからって。



かかりつけの皮膚科。

わたしが乳がん患者とわかってから、先生の態度が何か違う気がして足が遠のく

のだけど仕方ない。

昨日の診察もろくに診ないで先生退場、看護師さん任せ。

服を脱ぐのは面倒だけど、見せたいわけじゃないけど、ひどく出たねとか、

痒そうだねの一言ぐらい欲しかった。

他院で治療中、それも抗がん剤中だからひいているのかな。

すっかり被害者妄想です。

開業した当時に比べ混雑しているので、仕方ないのかな。

ま、看護師さんは親切だから助かるけれど。

そうしてアレルギー止めが処方されました。





お腹の発疹を見た晩、あ~これは瞑眩(めんげん)かもと思いました。

冷えとりの排毒の症状のことです。

真剣に冷えとりに取り組むと、一時的に症状が悪化したり、古い症状が再発

したりするそうです。

体が目覚めて治癒に向かうための過程の毒だしなので、薬で抑え込んでは

いけないし、出たことを喜ぶべきなんだそうですが、わたしはゆるゆる冷えとりだし、

抗がん剤中の身。

化学療法を中断することになっては困るので、薬はもちろん飲みます!



そういえば、皮膚科の先生は「疲れからくるものでしょう」と言いました。

家にいて、たらたら家事しているだけなのにこれ以上どうしろと?

笑っちゃうしかないです。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-14 15:27 | わたしのカルテ

ワイヤー入り、つけてみました

mercoledi 12 gennaio


ワイヤー入り、といえば、

そうです、ブラのことです。

術後、退院してからはみなさんご愛用のユニクロブラカップ、またはイト―ヨーカド―や

ジャスコの類似品。

涼しくなってからは手持ちのスポーツ用ブラやワイヤーなしのものをとっかえひっかえ

着用していましたが、胸から脇の違和感も取れたことだし、もう大丈夫よねってことで、

以前のワイヤー入りを引っ張り出しました。

左胸、脇寄りにある傷跡とワイヤーがちょうど重なるんだけど。

大丈夫、痛くない。

やっぱりいいわ。

ワイヤーなしでは貧弱な胸がどこかへ行ってしまってましたから。



でも、昨日、おとといと入浴時に脱いでみると、アンダーバストに赤いブツブツが

あるではありませんか。

あせも?

ちょっと痒いです。

急にビシっとぴったりしたものを身につけちゃったので、肌が過剰反応したのでしょうか。

でも、ワイヤーなしに戻れないよ、差は歴然なんだもの。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-12 17:49 | 日常

ゆるゆる冷えとり

martedi 11 gennaio


昨日は冬型の気圧配置、寒~い成人の日でしたね。

我が家の新成人も寒い寒い言いながら式典に出かけて行きました。



一方、わたしは寒さ対策強化です。

最近体温が低くなっているんです。

今まで36.2℃くらいが平熱だったのに、35℃台の日もしばしば。

抗がん剤の影響で体が老いているのか・・・。

病院で化学療法の前に計る時、看護師さんに訴えてみたけれど、「熱がなければ

いいです」と取り合ってくれない。

体温が低いと免疫力が下がり、基礎代謝も落ち、ガン体質にもなってしまう恐れが

あるとか、最近よく耳にしますね。

術後から筋肉が落ちてしまっているので、そのため熱を生み出せないのかも

しれないけれど、とにかく低いままでは良くなさそう。




そんな折、年末のわたしの誕生日に友人から届いた冷えとりグッズ。
e0205425_1559192.jpg

数年前の子宮腺筋症発覚がきっかけで、心配してくれた彼女が絹の5本指

靴下セットと、やはり絹のズボン下(スパッツというべきか)をプレゼントして

くれたのが冷えとりとの出会い。



冷えとりとは、下半身を温め、頭寒足熱にすることで体の機能が活発になり、

体内の毒素・不要なものをどんどん排泄して健康になるというものです。

行なうことといえば

①靴下の重ね履き-絹は毒素排拙機能に優れており、綿は余計な水分を吸収する。
              
              この二つの素材を重ねる事により、 湿気が中にこもらず、常に

              快適な履き心地になる。  

②半身浴

③玄米菜食、腹七分目

と、こんなところでしょうか。

そのほか心の冷えを取る-他人本位に生きる、恨み、怒り、クヨクヨとしたネガティブな

気持ちを持たずに穏やかに生きることも重要視されています。

冷えとりについて詳しく知りたい方は、この健康法を提唱する医学博士の著作を

お勧めします。

万病を治す「冷えとり」生活療法‐冷えは万病のもと
e0205425_16171398.jpg


¥ 1,365
楽天ブックス




始めは取り入れるのが難しかったです。

靴下を重ねるといつもの靴が履けないし、職場のドレスコードに反します。

食事も育ち盛りの球児がいたので、菜食オンリーとはいきません。

せめて就寝時にと靴下の重ね履き、パジャマの下にスボン下を履くようにしたら、

夜中に目覚める回数が減りました。

靴下は無理でもパンツルックの時はネットで購入した薄手のシルクのスパッツを下に

履いたり、腹巻をして出社したり。

下半身を温かくすることで子宮腺筋症の痛みは本当に軽くなりました。

また、頭痛持ちでしたが、頭痛がしたら靴下を重ね履きすることで結構治まります。

鎮痛剤は解熱剤でもあるので冷えを呼ぶと知り、なるべく控えているんです。

今は家にいる時間が長いので、日中も靴下重ね履きをしています。




かなりゆるゆるの冷えとり。

冷えとりというより「温め」でしかないかもしれません(笑)
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-11 14:06 | 日常

タキソール5回目

e0205425_15104325.jpg


venerdi 7 gennaio


昨日、タキソールを受けてきました。

案の定混雑していました。

年明け、4日から通常診療ですが、昨日が主治医の外来仕事初めだったのです。

おとといの晩、看護師さんから電話があり、予約時間を3時間ずらしてほしいと

依頼されました。

いつもの時間では化学療法センターが満床なので、と。

出発時間がゆっくりになるので朝は楽ですが、待ち時間は長くなること必須。

11:30に採血は終わりましたが、数分の主治医診察が終わったのは2:00

過ぎていました。

それでも化学療法中の患者さんは優遇されています。

10:45予約のSさん(入院中知り合った方、乳がんの診断は出ていません)は

わたしが化学療法センターへ移動するときもまだ待合室に座っていました。

お気の毒に。



年末に膀胱炎かもしれない症状になり、とにかく水分をガンガン摂っておとなしく

していたという話に、看護師さんはずいぶんと褒めてくれました。

市のメディカルセンターならともかく、年末年始の救急救命センターなんて

気後れするから連絡できなかっただけなのですが。

だって大学病院の救急救命センターって、あの江口洋介や松嶋菜々子が出てくる

ところですもん。

こんな程度で聞けないと思いまして。

主治医の方は、

「もしなっちゃったら、“熱さましセット”(ECの退院時に処方された、化学療法中

念のために持っておく薬セットの一つ)に抗生剤が入っているから、セットで

3日くらい飲んどいて。

あの抗生剤、熱を下げるだけでなく膀胱炎にも効くから。

だからあの薬を入れてるの。

我々もココ使ってんのヨ。」

と頭を指さしてました。

あまり細かいことにこだわらないタイプのドクターです。

膀胱炎には抗生剤とわかってたけど、尿検査もしなくて飲んでいいのか疑問です。

ちなみに通称熱さましセットの中身。

【シプロキサン錠100mg】   ←主治医の言ってた抗生剤

【ムコスタ錠100】

【カロナール錠200】

の3薬です。



以前主治医よりいただいたタキソールの冊子には、「こんな時はすぐに医師や

看護師に連絡を」の項目に「排尿時に痛みがある」とあります。

わたしが初めて膀胱炎になった時はいきなり真っ赤な血尿で症状がひどかったので

今回は多少のゆとりがあったのですが、みなさんは念のため自己判断しないで

くださいね。

感染症を引き起こさないために、たとえなっても重くならないために。
[PR]

by Luna-Vita | 2011-01-07 15:15 | わたしのカルテ