<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2010年、ご挨拶

e0205425_173313.jpg

今年もいよいよ暮れようとしています。

もともと家族の前では病気の問屋さんと、おどけて称していたくらいちょこちょこ不調だったのですが、乳がん治療の為にはパートの勤務を続けられないとなって、さすがにヘコみました。

約3年半前に、何倍かの競争率の面接で得た職なのに棒に振っちゃったよ・・と。

でも段々に、悩んだことや体調不良の間に考えたり気付かされたことはすべてわたしの人生にとって必要なことで、けして無駄に過ごした期間ではないと思えるようになりました。

どんなことに遭遇しても、乗り越えられる強い人間になりたいです。

そして、ふにゃふにゃ人間のわたしとおつきあいくださったすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさん本当にありがとうございました。

ブログを通じて本当に助けていただきました。

わたしはキャパシティがちっちゃいので、ひとりよがり、見当違いの文章も多かったと思います。

マイPCがないので、更新やコメントも なかなか思うようにできない時がありますが、 見捨てずおつきあい頂けたら幸いです。
(今日も携帯から書いてます)

どうぞ新しい年もよろしくお願いいたします。

来年はすっごく良い年。

先に決めておきま〜す。

先に決めてイメージを刻み込んでいれば、現実は後からついてくる!
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-31 17:03

タキソール4回目、そして膀胱炎かも?

giovedi 30 dicembre


27日にタキソールの点滴を受けてきました。

帰宅してから、今までとちょっと違う。

いつもより酔った?感じ。
なんとなく気持ち悪いような…

それでも当日はいつも通り夕食の支度もし、入浴して寝たのですが、翌日やっぱり飲酒後の気分。

気持ち悪くはないけど、お酒が抜けてないかのような。

その後、一度だけ尿に血が混じって。

また女の子(月のモノ)になっちゃったと思っていると、夕方排尿時に痛みが。

が〜ん。

これは入院時に薬剤師さんが説明してくれた副作用の出血性膀胱炎?

24歳の時、仕事の疲れと冷えから発症したことがあり、クセになるので困るんです。

ひとまず水分をこれでもかというほど飲み、トイレに通い、昨日は暖かく大人しくして痛みもなくなりました。

でも、夫からはPC禁止のお達しが。

根つめて体によくないからと。

ブログのことはナイショにしているので今は携帯から書いてます。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-30 18:08

高額療養費支給されました

lunedi 27 dicembre


EC入院の月(9月)の分の振り込み通知書が来ました。



「高額療養費制度」

乳がんの診断が確定し、まずは術前検査という話になって3日後、

偶然にも新聞の特集で「高額療養費制度」の特集が掲載されていました。



この制度は、1か月間の医療費の自己負担に一定の上限額を設定します。

上限額は患者の年齢や所得に応じて区分されます。

患者のひと月の自己負担はこの上限額までに抑えられ、超過分は健康保険組合や

国民健康保険など加入している保険者から後で戻ってくる仕組みです。



記事には原則、申請手続が必要と書かれており、気づいて良かったと思いました。

でも、健康保険組合によっては申請しなくても、診療報酬明細書(レセプト)の請求が

来た時点でわかるため、自動的にやってくれます。

もう20年近く前になりますが、盲腸をこじらせて腹膜炎の手術をした時の健康保険

組合がそうでした。

その時はなんにもわかっていなくて、ただ健康保険からなにがしかの給付があったと

受け取っただけですけれど。



今は夫の扶養、健康保険も協会けんぽ(全国健康保険協会)なので、そのHPから

高額療養費支給申請書をダウンロードして作成。

病院の入院費領収書とにらめっこして試算して、超過分はわずかでしたが、

それでも提出しました。

ところが、給付額はもっと多い。

わぉ!



実は、作成時にみた新聞記事と社会保険庁のHP、わかりにくいのです。

例をとっても、人それぞれのケースがあるからぴったり当てはまりませんものね。

逆算して、本来外来と入院は別々に集計しなければならないところ、外来での

支払い(EC2回目)が21,000円を超えていたので、入院と合算して支給されたと

わかりました。


社会保険庁HP
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

クリスマスイヴに通知書が届いたので、プレゼントのように思いました。

わぁ~い!! (ほんとは戻ってくるべきものが戻っただけなんですが・・・)



ちなみに健康保険組合によっては付加給付というのがあって、実質25,000円が

上限額になる人もいるようです。

きっと毎月のお給料からたくさん保険料を納めているのでしょうね。

どっちがいいかはわかりません。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-27 19:22

癒されました

mercoledi 22 dicembre


e0205425_15571138.jpg

友人からお誘いがあり、昨日、もう一人の友人が始めたバラのプリザーブドフラワーの

教室へ行ってきました。

今回はお試しということで、お茶のみがてら。

クリエイティブでないわたしは、「自由にやっていいのよ」

と言われると余計に悩んじゃう。

この通りにという見本がないと四苦八苦。

なんとか完成し、最後に友人の作品と一緒に撮影です。

さて、どっちがわたし作でしょう。



その後、誘ってくれた友人宅で、2か月の仔犬とご対面。
e0205425_16424968.jpg

ん~っ、毛がかぶさっておめめが見えないですね。

真黒なミニチュアシュナウザー、女の子です。



1年前の昨日、人生2度目の乳がん検診を受けました。

(前回は十ン年前で触診のみ、マンモグラフィーは去年が初めてでした)

昨日は久々に会えた友人と過ごした時間がとても楽しくて、乳がんになってしまった

ことも「少しの期間、のんびりしなさい」と宇宙の法則のような偉大な力が働いたのだと

思えてしまいました。

関節痛やだるさで億劫になりがちですが、これからもちょこちょこ外出していこうと

思います。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-22 16:59

Wii Fit

lunedi 20 dicembre


今更ですが・・・。

なんと息子と夫からプレゼントされちゃいました。
e0205425_2115436.jpg

Wii本体

リモコンプラス1本

Fit Plus(バランスボード同梱)



昨日、何ヶ月振りか家族で買い物に。

息子のジーンズや、コーヒーメーカーを購入したあとに、ゲーム機器・ソフトの

売り場に連れて行かれ、

「どっちの色がいい?」と。



クリスマスと、その数日後にやってくる誕生日のプレゼントだそうです。

二人の気持ち、とっても嬉しいのですが、続ける自信がないなぁ。

まだ箱開けてないし。



乳がんの診断が出てからフィットネスクラブを退会しました。

せいぜい月4回の利用で、ハタヨガや調整系のワークアウト少々程度でしたが、

腰痛が軽くなり、姿勢がよくなったり、硬い体も若干柔軟になったりと

入会した効果があったので、家族も運動の大事さを感じたのかも。

夫 「家でぼぉーとしているよりいいでしょ」

ぼぉーとはしていませんよ!

勤めていたときは目をつぶっていたけど、家にいればいくらでもやることは

あるんです。

でも、二人の気持ちありがたく頂戴します。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-20 21:43 | 日常

漢方薬飲んでます

giovedi 16 dicembre


再び、漢方薬を飲み始めました。

乳がんになる前から、消化能力の低下や冷えの体質改善のために

漢方治療をしていました。

乳がん疑い濃厚で2、3日眠りが浅くなったときにそのクリニックで睡眠導入剤を

処方され、その時から漢方薬はお休みしていました。

先日の子宮がん検診等で受診した時に、尿に雑菌が出てしまっていることから

免疫力の低下を心配した先生に服用を勧められたんですが、

乳がんの主治医に黙ってというのもためらわれて。

13日のタキソール3回目の日に主治医に言ってみたところ、

「歓迎です。」

とあっさり肯定。

「匂いや味が飲みにくいといって止めちゃう人が多くてね、だから出さないでいたの。」

という話でした。

良かった~。

コソコソ飲むのは嫌だったし、効き目もなくなってしまいそうでしょ。

e0205425_14542594.jpg

今回のものは、ツムラ 十全大補湯 ジュウゼンタイホトウ

病後の体力低下、食欲不振、手足の冷え、貧血などの症状を改善します、とあります。

以前飲んでいた、補中益気湯も病後の体力増強に良いらしいのですが、さらに

今のわたしには適しているらしいです。

効き目を信じて、しばらく飲み続けま~す。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-16 15:16 | わたしのカルテ

タキソール3回目

martedi 14 dicembre


昨日は冷え込みましたね。

夕ご飯は温か~い鍋物やシチューにしたお宅が多かったのではないかしら。



そんな寒さの中行ってまいりました、タキソール3回目。

血液検査53番目。



主治医の診察前、看護相談室で体重を計るのですが、デジタル体重計の

数値がいつまでたっても止まらないんです。

看護師「壊れちゃったみたいで、止まらないでしょう。

     (体重は)いつもこんなもん? あら先週より減ってるね」

わたし「2日ほど、トイレの回数が多いからそうかもしれないです」

と答えましたが、体重計変えてくださーい。

看護相談室は交代制なのか、初めての看護師さん。

今回の方はアバウトなタイプとみえますが、ざっくばらんに話せていいのかも

しれません。



肝心の主治医診察では・・・。

白血球が1800と点滴には足りなかったのだけれど、年末年始の病院休診も

あるのでスケジュール調整の為決行。

もちろん、「自分的に辛ければ考えるけど、どう調子は?」といたわりは忘れず

にの決定でした。

ただし、金曜日に注射を打ちに通院のおまけつきです。

そう、白血球を上げる注射「グラン」です。

EC療法をスタートした時から「ロイコン錠」と「セファランチン錠」を1日3回

飲み続けていても、抗がん剤の白血球減少には追い付かないのね。

余談ながら、「セファランチン錠」なんて、脱毛症にも用いられると書いてあるけど、

まったく効果は期待できないと薬剤師さんも言っていたっけ。



タキソールの点滴もECに比べるとあっというまに感じます。

前日から緊張して眠りが浅かったのと、なんとなく酔いがまわっている

感じがして、帰宅してお昼寝。

その後も特に変化はなしでした。

ただ、今朝の起床時は関節の鳴る音がすごかったです。

ひざ、足首だけでなくどこだろう、自分でもよくわからないけど、ポキポキ、ぺキっと。

自転車や扉なら、まちがいなく「KURE 5-56」をさすところデス。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-14 15:21 | わたしのカルテ

学習能力がない!?

domenica 12 dicembre


タキソ―ル投与7日目。

つい油断して体調不良になってしまいました。

腹痛で苦しんでます。

ECと違って吐き気がないから、役所へ行ってちょいと必要な書類を取ったり等、

連日ちょこちょこと外出したらすご~く疲れて。

家の中で動いている分には大丈夫でも、体力落ちているんですね。

そこへ昨日、息子と一緒の昼食に坦々スープのつけ麺を作ったら、

そのスープが激辛!!

これです。
e0205425_17413464.jpg

即刻食べるのを止めれば良かった。

もう~、食い意地が張っているんだから。

(でも、辛いのがお好きな方にはオススメよ)



数年前、友人とパスタランチでアラビア―タを食べ、帰宅してから吐いたのが、

香辛料×、に気付いたきっかけ。

とにかくスパイスが効いたものがダメ。

カレーとかも美味しいことを知っているからつい食べてしまうと、

当日の夜中、腹痛で起こされてしまうんです。

胃腸も年とるんですね、それも徐々にではなくある時ガタっといきなりね。



昨日も今日も煮込みうどんや消化のよいものを控えめに食べて、

長時間昼寝してますが、起きていると痛むぅ。

トイレは回数が多いだけなんですけどね。



そのほか、毎回の点滴の針の痕がポチっと赤く痒くなってます。

広がってしまうかな、と思ったけど、掻かなければその部分だけで済みそうです。

でも痒いし、まだこれからも点滴はあるんですよね。



明日はタキソール3回目の投与。

また朝いちで血液検査に並びます。

早起きせねば。

でも、ちょっと道路が混んでバスが遅れたら、90番台の順番。

そして、腹痛のせいで白血球は大丈夫かしら。



明日3回目が終了したら、来週は休薬だ!!
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-12 18:12 | わたしのカルテ

ぬくもり

giovedi 9 dicembre


総合スーパーの食料品売り場で、近所のママ友Tさんにバッタリ会いました。

(タキソールの)入院を終えて、2回目に入ったこと、ECの4回も、

延期になることなく3週間ごとにうて、治療は順調に進んでいることを

報告すると、

「すごい生命力!良かったねぇ」

と手を取り喜んでくれました。


Tさんにわたしの乳がんを伝えたのは、正確に言えばまだ乳がんと確定して

いなかった時。

大学病院へ紹介状が出た段階の時でした。

その頃、彼女のご主人が不明の病気で入院されたと知人から聞き及び、

陰ながら心配していた2月のある日、交差点でバッタリ会い、

彼女を励ましながら、形は異なるけれどわたしも共に頑張ることを誓ったのです。

バッタリ会ったのが運命的に思えて、乳がんのことを話さなければいけない

気がしたんです。

その時は、どちらからとはなしに自然にHugしていました。

それまで、ご近所なのになぜか全然出会わなくなっていました。

子どもたちが幼稚園から高校まで一緒だけれど、あちらはお嬢さんで、わたしは

息子の野球の応援&活動が中心の生活だったので、交流もなくなっていたし。




Tさん自身、天疱瘡という難病(特定疾患)と闘っています。

約7年前に発病して以来治療を続け、ステロイドの副作用でムーンフェイスが

ひどい時でも臆することなくPTAの役務やボランティアをこなしていた、強~い

人です。

その彼女に「良かったね」と言われると、なんだかほめられたみたいで

うれしい!

それに、Hugや肌のふれあいってとっても温かいデス。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-09 16:46 | 日常

筋肉痛が来た!

martedi 7 dicembre


順調です。

点滴前夜の睡眠不足でまだ少々眠いけれど、普通に家事しています。

ただ、背中に子泣きじじいがいます。

筋肉痛で重いんです。


それでも吐き気がないだけずっといいですね。

ファルモルビシンという赤い薬を思い出して「う~っ」となりそうだった、

赤いチェックのパジャマももう着れそう。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-12-07 15:37 | わたしのカルテ