<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

venerdi 29 ottobre


月曜日は妹が、そしておとといは、旅行のお土産を持って、母が来てくれました。

自分の目で、わたしの様子を確認したかったようです。

心配は掛けたくないけれど、会いに来てくれるのはとってもうれしいです。

特に妹とはガールズトークができるので楽しい時間になります。

↓ 母お土産の温泉まんじゅう。
 
 既に2つ足りないのは、息子が食べてしまいました。 
   
  叔母夫婦とわたしの両親の4人で草津にいったそうです。
e0205425_18422971.jpg

e0205425_1812596.jpg


なんてことはないお饅頭ですが、我が家の男子はあんこ好き。

甘いと言いながらも食します。

わたしは、独身の時はあんこよりクリーム派。

たい焼きもカスタードクリームにしていましたが、夫婦って似てくるのかな、

現在はあんこ大好きです。

和菓子はカロリーも抑えめだから、結構なことですよね。

ところで・・・

その母なのですが、

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-29 18:45 | 乳がん

バンダナ帽子①

martedi 26 ottobre


毎日の必需品、それはバンダナ帽子です。
e0205425_1315215.jpg


来客がない限り、家ではバンダナ帽子で過ごしています。

夫にも息子にも落ち武者のような頭は見せていません。

あっ!

もしかしたら見られたかもしれないんだった、夫に。

ある晩のこと。

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-26 13:37 | 髪の毛

EC療法副作用

giovedi 21 ottobre


多少辛くても、起き上っていられる時間が少しあるので、副作用を

振り返ってみようかと思いまして。


◆消化器症状(吐き気、食欲不振)
  
  時々ぐぐっと来るけど、今回も吐かずに済ませたいです。
  
  1日1食位しか食べれないけど。
  
  果物がいちばん食べやすいです。
  
  後はレタス、きゅうりなどのさっぱりサラダ。 
  
  手術入院の時に隣のベッドの方は、
  
  「1、2回目は楽勝だったけど、3回目、4回目はひどく吐いた」
 
  と脅かして心の準備を教えてくれました。

  確かに前回よりは気持ち悪いかも・・・。


◆口内炎、発熱

  2回目は、発熱していないにもかかわらず、寒くって顔が赤かった。

  リンゴちゃん。

  今回は寒さを感じるだけ。

  口の中がいつも嫌な味がする。

  うがいをしてもしても消えない。

  だから食欲不振だし、水も変な味。

  日本茶や紅茶でごまかして飲む。

  意外とサイダー(炭酸)がスッキリと美味しい。


◆爪の黒ずみ

  2回目投与してから約1週間後、付け根がかなり黒ずんでいるのに気がついた。

  少しずつ変化していたのだろうけど、この頃目立ってきた。

  まだ割れたりしていないだけまし。


◆白血球減少

  3回目投与前の採血で、白血球は 3500

  乳がん発覚前は5000~6000あったのですが。


◆血管痛

  3回目は右腕にしたので、細い血管。

  針後周辺から血管に沿っていたい。

  手首と肘の間の内側真ん中あたりに差したけれど、肘近くまでが触れると痛む。

  そういえば、初回入院の時、ドクターは採血も点滴も失敗したのが右腕だった。

  左には立派な血管があるのだけど、なるべく左右交互に行なって、使える

  血管を用意しておかないと。

  まだまだ回数はありますものね。

  
◆月経

  たいてい不順になったり、ストップすると聞いたのだけど、今のところ順調。

  2回目の投与の時に始まったし、3回目の今回は翌日からまた。

  22日周期だよ~007.gif

  今まっ最中なので、頭痛や腹痛はそのためかしら。

  止まったら楽だな~と思っていたのに。

  子宮腺筋症があるから、生理痛が重いんですよね、ふぅ~。


なんといっても、不眠になっていないのは救い045.gif
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-21 14:57 | わたしのカルテ

EC療法3回目

lunedi 18 ottobre


今日は、EC療法3回目の投与をしてきました。

予約では、8時30分までに来院となっています。

病院は8時に入口が開きます。

最寄駅から病院行きのバスは、朝晩は1時間に2本、日中は1本しかなく、

今日は始発のバスに乗り込みました。

8時ちょうどに到着しましたが、最初に行く採血室の受け付けは57番目。

みなさん開院前から待っているのですね。

受付後は約10分で採血となりました。

外科の看護師の問診・ドクターの診察もトントン拍子。

10時には化学療法センターのある病棟に向かったのでした。


化学療法中は、毎回ドクターの診察の前に看護師による問診を行ないます。

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-18 16:36 | わたしのカルテ

副作用対策

venerdi 15 ottobre



e0205425_151596.jpg


e0205425_153969.jpg
e0205425_154364.jpg


2010年7月

手術入院していた時、同室にEC療法で入院されている方がいました。

わたしが加療している病院は、抗がん剤初回の投与は入院して行ないます。

アレルギー反応をチェックしたり、初めての副作用を専門家のいる環境で安心して

迎え入れ、恐怖感を植え付けずに後の治療継続に持っていくためです。

(抗がん剤=嘔吐の図式が頭に出来上がっているわたしには、すご~く嬉しい情報

でした)

彼女は、吐き気がひどく、投与直後から3~4日は食べれなくなっていました。

そんな彼女に若い看護師さんがナースステーション保管のレシピ集を貸してあげて

いました。

その様子を見ていたわたしは、タイトルを書き留めて退院しました。

わたしもEC療法入院で食べれない日があったけれど、彼女より軽い症状だったのか、

貸してもらえなかったので、備えあれば憂いなしとばかり、EC療法退院日に早速

ぽちっとしました。



レシピは患者さんだけでなく、健康を心がける家族も一緒に食べられるもの。

食事の支度をする人(=わたし)が、別に家族の分を作らなくていいのです。

これって嬉しい。

今まで、野球部の息子のためにとにかく量を多く、ガッツリ食べるものを作って

きたので、自分中心の食事を作っていいなんて、ある意味贅沢かも。

限られた予算の中でとなりますが、量より質を選べるわ001.gif

巻末には副作用についての症状&対策が載っていて、役立ちます。
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-15 15:42 | 購入して良かったもの

術式、わたしがこの病院に決めた理由

giovedi 14 ottobre

e0205425_11371946.jpg

2010年5月29日(土) AM9:50

予約時間より少し早くわたしの名前が呼ばれ、夫と共に主治医の診察室に

入りました。

夫はドクターと初対面です。

前回に組織診(太いほうの針生検)の結果として乳がんと診断されたので、

今回は、家族同席であらかじめ渡された冊子の治療についての質疑応答、

そして手術の説明を受けることとなっていました。

わたしは、ご挨拶の後いちばんに、「乳房温存手術で、本当に乳頭と乳輪を残す

方向で切っていただけるのでしょうか」

乳がん検診を受けた総合病院では、院長(外科)から乳輪は犠牲になると

言われていました。

乳輪を避けて切ることはできないと。

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-14 11:42 | わたしのカルテ

ホームドクター

mercoledi 13 ottobure


e0205425_12371145.jpg


友人から田舎のお土産と共にいただいたフラワーコーディネイト。

真紅の薔薇って大人の女性のイメージ。

わたしも人様からそのように思っていただいているのでしょうか037.gif


これから女性総合外来のクリニックに行ってきます。

子宮がん検診(細胞診)を受けてきます。

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-13 12:58 | わたしのカルテ

映画

martedi 12 ottobre


休日、それも夫が在宅ですと、わたしがPCで遊ぶ時間がありません。

PCを占領されちゃうんですよね。

昨日、体育の日は出勤だったのですが、わたしの方がお出かけ~043.gif

18日に3回目のEC療法(投与)なので、今週は最も体調良しのお遊びウィーク。

加減しながらも楽しまねば・・・。

で、妹と出かけてまいりました。

世間は3連休ですから、郊外よりも都会の方が空いているはず。

More
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-12 10:51 | お出かけ

病理結果と治療プラン

venerdi 8 ottobre


e0205425_14561551.jpg

明日10月9日で、乳がん術後3カ月になります。

乳がんは、手術で悪いところを取っておしまいというわけではなく、術後が治療の

始まりで、どちらかというと身体的に辛いことは術後です(化学療法、放射線療法、

ホルモン療法etc... 精神的に辛いことは術前術後、ずっと・・・だわね)。

腫瘍が大きくなりすぎないうちに発見できたので、乳房温存手術で済みました。

また、センチネルリンパ節生検を行ない、センチネルリンパ節にがん細胞は

見つからなかったので、わきの下のリンパ節の切除は省略できました。

おかげさまで術後のリハビリでは初回で一足飛びに最終まで進み(途中省略で

OKだった)、今でも痛みこそあれど、腕は自由に動かせます。

もちろん辛いことはあるけれど、「不幸だ!」と思ったことは一度もありません。

化学療法の副作用、吐き気に苦しみ、もーやだ!このまま消えてしまいたい、

と思ったことは否定できませんが、4日後位には「おなかすいた」と思い、

その翌日には生もの(刺身)まで食らい、翌々日には力が湧いてくる。

人間=生き物ってスゴイと思わざるをえません。

回復する力を持っているのですね、基礎体力の無いわたしでも。

抗がん剤投与(点滴)後3、4日は食べられないので、体重は40Kgを下回りますが、

食欲と共に1日1Kg戻ります025.gifあ~あ

化学療法はまだ続きます。

体重=体力だから、戻したいけれど、ただ食べているだけでは脂肪になって

しまいますね039.gif


テーマがそれてしまいましたが、以下がわたしの病理結果及び治療プランです。

More 続きはこちら
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-08 15:05 | わたしのカルテ

こころと体の講演会 テーマ「乳がん」

giovedi 7 ottobre


e0205425_10243859.jpg

昨日は抗がん剤投与第2回から9日目。

体調もよく、免疫力(白血球)も少しは回復しているだろうとお出かけ~003.gif

といっても病人の自覚は強く(?)、健康教育講座へ。

近隣の市主催で参加無料!でした(何しろ「がん」はお金が掛かりますから~034.gif

節約、節約)

わたしがつけ毛や帽子を買った「TODAY」を運営する会社「VOL-NEXT」の代表取締役、

曽我千春氏(♀)が講演するというので興味深かったのです。

e0205425_10252577.jpg


自身が乳がん体験者。

がん患者の生活サービスがあっていいはずとの思い、必要性を感じて起業したということで、

わたしも女性としての自分の生き方を考えるいい機会になりました。

体験談は家族関係のことにも及び、涙ぐんでしまいました。

支えてくれるはずの家族がいないってどんなに辛いことでしょう。

来週、闘病記がオンエアされるそうなので、こちらも観てみたいと思います。

072.gifお知らせ

・NHKテレビ 「ドラクロア」→ドラマチックな苦労話というこです。

 森三中さんが司会をし、7分程度らしいです。

 10月11日(月・祝) 22:55~


さらに感動モノだったのは、この仕事をビジネスとして捉えている厳しさです。

お客様は命をかけて購入に来てくださるのだから、電話してくださるのだから

失礼があってはならない、とプロに徹しています。

すべての対応をVOL-NEXT独自のプログラムで養成した「がん患者生活コーディネーター」が

担当しているとのこと。

その講座は、31万5千円を自費で払う68時間もの内容。

今では医療関係者も受講しているそうです。

わたしも働いていたときは、夫の「パートでも給料もらっている以上はプロ!」の言葉を胸に

勤務していましたが、VOL-NEXTではハンパないです。

そんな頑張りコーディネーターでも泣き言を言って辞めていくこと10人。

奥様を亡くしたご主人から「ウチのは死んだのに、なんでお前は生きているんだ!」

と怒鳴られ、言葉を無くす電話相談もあると・・・。


なんだか女性の起業塾に参加しているような気持ちにもなりました。

治療がひと段落したら社会復帰したいのですが、わたしの加齢が進み、就活はたいへんだろうな025.gif
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-07 10:53 | お出かけ