再建、遊離皮弁移植

venerdi 18 maggio



以前の記事でご紹介した、先輩病友Wさんの乳房再建のことです。

4月の中旬に入院され、翌日手術。
mixの日記を1日2~3回は更新する方なので、入院後もつぶやいて
いらっしゃったのですが、
術後3日目に緊急オペ!!の文字。
胸の出血が多くて輸血したけれど、
一度胸を開けて止血、となったのでした。

その後、ずっとつぶやきもなくて、それはそれは心配になりました。
経過を知っているかもしれない他の病友さんに尋ねるのも怖くて・・・。
緊急オペの10日後にやっと
「再再手術のあと意識をなくしICUからやっと病棟にうつりました 」
のつぶやきを発見し、大変なことながらひとまず安堵しました。

現在は個室管理から大部屋に移られ、ずいぶんと動けるようになったご様子。


乳房再建は、穿通枝皮弁という遊離皮弁移植で、
わたし達の病院では三人目だそうです。

Wさんの配信文には、
同意書には「腹部の組織を血管ごと摘出し、血管を胸部の血管と吻合することで、
組織を胸部に移植します。
移植した組織で乳房を再建します」とあります。 
という説明でした。
お腹の皮膚と脂肪と血管で胸を作る再建術。
12時間以上かかるかもしれないという大手術なので、
「よくぞ踏み切った」と応援の気持があります。


けれども、みなさんのブログで再建の記事を読んだり、
オフ会で素敵な胸(見せてもらったわけではないが・・・)を再建した方と
お会いして、
乳房再建というものが身近に感じられていたこの頃、
ショックでした~。
手術は万が一ということもあるんだと。


大学病院の手術より、すべて自費診療のクリニックの方が、
体の負担が少ない、進歩した医術を使えることは、
以前調べた子宮内膜症の治療で感じていました。

でも、乳がん体験者コーディネーターのWさんが選択した手術なので、
乳がん患者おしゃべり会でも関心は高まっていたはず。
再建自体に躊躇する人が出てきそう。

Wさんが一日も早く、パワフルに活動できる体に戻りますように。




最近はホトフラ全開、夜中も遠慮なしなので、睡眠不足です。
先週はフラフラ。
ホルモン療法中の方が眠れないという話は良く聞くのですが、
寝付けないわけではなく、
夜明け前にホトフラで目覚めて、目が冴えるというパターン。
これも入眠剤のお世話が必要なんでしょうか・・・?
[PR]

by Luna-Vita | 2012-05-18 09:39 | 乳がん