リュープリン接種6回目

lunedi 9 aprile


暖かい陽気になったせいか、もともと持っていた尋常性乾癬が痒くて
たまりません。
帯状疱疹後の背中の皮膚も痒み抜けきらず、
うっかりすると人前でも襟元に手を突っ込んで、ボリボリ掻いてしまう
ありさまです (>_<)
集中力、やる気もゼロ。


今日は3ヶ月ごとの外科(乳腺)の受診。
「困っていることはないですか?」
に始まる診察。
最近いっそうホットフラッシュが頻繁になってきたことをお話ししても
「二つ(ノルバとリュープリン)やっているからねぇ」
爪が折れたり割れたりすることを訴えても、
「タキソールをやっているからねぇ
影響は長いんだよ」

ま、わたしがニコニコ話をするものだから相手にされないのでしょう。
のれんに腕押しなものだから、膝が痛いこと、術痕が痒いことを
言い忘れてしまいました。
次回は悲痛な演技をすることにします。


接種前に、いきなり
「次回は7月、リュープリンは最後ね」
と言われて面食らいました。
「7月で2年じゃん」
と強調するドクターです。
確かに術後2年、検査があると思ってはいましたが
ホルモン療法はまだ1年。
「あ、生理が来ちゃったから注射したのか」
と、また見当違いなことを言い出す。
違いますっ!
生理はEC後にはまだあったけど、タキソールでストップしていました。
子宮腺筋症、子宮筋腫があるからノルバの副作用が心配だと話したら、
「リュープリンも注射するから大丈夫!」
と仰ったんじゃないの~。

「それでも、もういいよ、7月が最後で。
薬は続けるからね~」
と無理やり?結論づけられて、次回が最後に決定しました。

最低2年間はリュープリン治療と思っていたので、
短くなって嬉しい半面、それでいいのかの疑問も。

リュープリンは、婦人病で使用する時は、4ヶ月が1クール。
その後はしばらく(半年~1年?)休まなくてはいけない。
だから、標準的に2年間の加療に、当初とても驚いたものでした。

継続して、骨祖そしょう症などの副作用も心配だけど、
終了して、女性ホルモンの分泌が始まったら?
微妙なお年頃ですが、病気前は「妊婦並み」と言われた
女性ホルモン量だったんです。
おとなしくなった子宮系の症状が暴れださないかなぁ?

最近太ったのは、「許容範囲」とのこと。
でも油断しないように、と。
「このドアが開くと、トトロがズラ~っといる時があってねぇ」
と、どなたのことを言ってるの!?



次回の接種の時、術後2年検査の予定です。
もう、CTの検査はないそうです。
これも嬉しい半面、突き放されたような物足りなさ。
どちらになっても納得、満足とはいかないようです。


ところで・・・
前回通院の3月、自動精算機が新しくなっていて、
通院医療費もカード払い可能になっていました ヽ(^o^)丿
その日は放射線科の受診で210円という再診料。
さすがにカード払いにはしませんでしたが、
今日のリュープリン分のポイントは大きいわ~!!
[PR]

by Luna-Vita | 2012-04-09 18:30 | わたしのカルテ