病理結果と治療プラン

venerdi 8 ottobre


e0205425_14561551.jpg

明日10月9日で、乳がん術後3カ月になります。

乳がんは、手術で悪いところを取っておしまいというわけではなく、術後が治療の

始まりで、どちらかというと身体的に辛いことは術後です(化学療法、放射線療法、

ホルモン療法etc... 精神的に辛いことは術前術後、ずっと・・・だわね)。

腫瘍が大きくなりすぎないうちに発見できたので、乳房温存手術で済みました。

また、センチネルリンパ節生検を行ない、センチネルリンパ節にがん細胞は

見つからなかったので、わきの下のリンパ節の切除は省略できました。

おかげさまで術後のリハビリでは初回で一足飛びに最終まで進み(途中省略で

OKだった)、今でも痛みこそあれど、腕は自由に動かせます。

もちろん辛いことはあるけれど、「不幸だ!」と思ったことは一度もありません。

化学療法の副作用、吐き気に苦しみ、もーやだ!このまま消えてしまいたい、

と思ったことは否定できませんが、4日後位には「おなかすいた」と思い、

その翌日には生もの(刺身)まで食らい、翌々日には力が湧いてくる。

人間=生き物ってスゴイと思わざるをえません。

回復する力を持っているのですね、基礎体力の無いわたしでも。

抗がん剤投与(点滴)後3、4日は食べられないので、体重は40Kgを下回りますが、

食欲と共に1日1Kg戻ります025.gifあ~あ

化学療法はまだ続きます。

体重=体力だから、戻したいけれど、ただ食べているだけでは脂肪になって

しまいますね039.gif


テーマがそれてしまいましたが、以下がわたしの病理結果及び治療プランです。











2010年 8月5日(木)

術後約4週間(3週間後に結果は出るが、途中主治医の診察曜日が休日だった

ために延びた)ののち、夫と共に主治医より説明を聞く。


腫瘍の大きさ:2.2cm×2.2cm×1.2cm 

断瑞:陰性

リンパ節転移なし、

        ↓

「ステージⅡa」 になります。

組織型:浸潤性乳管がん

グレード:3 ←最悪031.gif

ホルモン受容体: エストロゲン受容体:陽性

            プロゲステロン受容体:陽性

HER2(ハーツー)受容体:0

ということでした。

治療プランは、乳房温存手術にはお決まりの放射線療法+化学療法(抗がん剤)007.gif

抗がん剤は避けて通りたいところでしたが、

①がんの悪性度がグレード3といちばん高いこと

②浸潤性であること

③年齢がそこそこ(!)若いこと

以上のことから、再発予防のためにと勧められました。

といっても、否応なしに話は進行します。

早速抗がん剤の説明がありました025.gif

そして、その時には話がありませんでしたが、ホルモン受容体があるというなら、

きっとホルモン療法も5年間くらいは行なうのでしょうね。

化学療法はEC療法を加療中(2回済み、残り2回)で、その後タキソール療法を

予定されています(抗がん剤に抵抗があるのか、まだ受け身的に言っている037.gif
[PR]

by Luna-Vita | 2010-10-08 15:05 | わたしのカルテ